一泊二日の弾丸キャンプツーリング!宮城・塩竃→松島→宮戸島→石巻・牧山市民の森(キャンプ場)→田代島へ!【田代島編】

石巻発→田代島へフェリーで向かう!
牧山市民の森キャンプ場を選んだ理由のひとつに、田代島へのフェリー:網地島ラインの乗り場が近いのが魅力だった

※距離にして約4㎞弱で、普通に走って15分あれば余裕かな※

田代島へのフェリーは一日3便(時期によって変動があるかもしれないが)
ここは迷わず9:00発の最初の便で行くのが妥当でしょうね。


ゴールデンウィーク後だが、日曜日と言う事もあり、自分達が到着した時には既に出航を船内で待つお客さんが大勢いた。

乗船料は建物内の窓口で支払い、代わりにチケットを貰える(乗船の際に確認の為、必要)


田代島へはこちらのフェリー:ブルーライナーで!

バスを利用してくる方達が多いが、車の駐車場も完備されているので心配なし!
バイク置き場は特に決まってないみたいだが、敷地内の隅に置かせてもらった。

ロードスターはここでチョットの間、お留守番だな。


田代島までの船旅は動画にしたように、カモメと戯れているうちに到着


降り港は2つあり、一つ目の大泊を通り越し、2つ目の仁斗田で下船

お目当ての猫は仁斗田で下船した方が沢山生息しているらしい。


サイドケース、ツアーパックと収納スペースは多々あるが、一番重宝してるのがタンクバッグ。

タンクバッグはショルダーバッグにもなるから便利だね。
自分は普段からタンクバックは常用してる。

※使い続けてると少なからず、擦れたり、ひっかけたりして、タンクに傷が付いたりするので、神経質な人には向かないだろうな。

自分は傷など全く気にしないタイプ(むしろ格好良いと感じる)なので、旅ツーリングには欠かせないマストアイテムだ。


上陸して最初に見かけた猫ちゃんがこの子。
一目でオスとわかるがっしりと貫禄ある風貌だな。親分的存在かな!?


この子は線が細くて女性かな?ツヤもあって凛々しいな♪カメラ目線頂きました!可愛いな♪


おっとすまない。実際はもっと可愛かったのにな。

シャッターチャンスを間違えたな。でもイイ顔してるぜ!


長毛の猫ちゃんも毛ヅヤ良くて綺麗だ!モフモフがいいねー!


玄関前で!


寝てる!寝てる!


見てる!見てる!


至る所に


わらわらと。


十猫十色。 この子は海外製っぽいな(笑)斑模様が綺麗だわ。


島での暮らしは人も猫も何かと不便があるかと思うが、のんびりしてて環境は最高にいい!
勿論、海も綺麗だった!


何か、ワイルドな二猫組だ!


猫は基本、夜行性だから日中は寝てる子が居るのも当たり前。
お休み中、お邪魔してすまなかったね。


島の商店前には自然と猫達が集まってくるらしい。
お店の人がご飯あげてんのかな?


多くの猫は民家が集まっている地区に居るのだが、山道へと続く道でもたまに見かける。


この子は民家の密集地から猫神社へ続く山道の途中で出会った

自分のテリトリーなのかもしれないが、食べ物の確保は大丈夫なのだろうか!?
他に出会った猫は全く居ない


かなり人に慣れた猫ちゃんだったな。

呼べば後ついてくるし、警戒心は全然なく体もなでなでし放題だった(笑)
一番、印象深くて可愛い猫だったな♪


此処が猫神社


猫餌BOX
持ち込んだ猫餌はこの中へ!


最後に出会ったトラ柄の猫
てか、道路の真ん中で堂々と寝てんですけど……(笑)


14:12発、田代島(仁斗田)→石巻へ!

時間にして4時間ちょっとの滞在だったが、猫ちゃん達には十分触れ合えた。
まぁ…日程的に余裕があれば、もっと長く滞在して島全体を廻ってみたいとも思うが…!?
また今度、M子さんと来るとして、一先ず退散。

良き思い出をありがとうな、田代島の猫達よ!
また必ず会いに行くから、これからも皆で仲良く幸せに暮らすんだぞ!

 

そんなこんなで15:00に石巻を出発して帰路へ。

帰りも寒さとの戦い。に、プラスして、島を歩き回って足のダルさと疲労も加わる(笑)
流石に、写真や動画を撮る気力も失せて、家路へ向かってひたすら走る。

無事に家に辿り着き、安堵感と充実感でいっぱいになり、即ダルダルモード突入。
今回のキャンプツーリングも事故やトラブルもなく、楽しい思い出になったな、M子さん。

リターントゥ田代島は勿論、全国にはネコ島なるものが数多く存在するみたいだから、沢山廻ってみたいものだな。

追記

ただいま♪りゅんポン! ん……!?
ナンですの? その疑いの眼差しは……??

まぁ…確かに他の猫達とお戯れしてきましたが……。。

もしかして?怒ってます?


あちゃー!! やっぱり怒ってますなー。

いえいえ!りゅんポンが一番可愛いですことよ♪

今回もお留守番、サンクスでした!