2017GW:能登島キャンプツーリング【三日目・後半】上越周りで快走山道→十日町市の清田山キャンプ場へ!

能登島キャンプツーリング!RVパーク(オートキャンプ場米三郎)で三日目の朝を迎えます

相変わらずの生活感丸出しの(笑)テント周りからスタートです

三日目となると、タオルやTシャツなども洗濯して乾かしたいところだが、昨夜の夜露で全く意味無し!

やはり、シャツやタオルを乾かすにはリアの積載にツーリングネットに挟んで走行するのが一番良く乾きますね。お天気の日に半日も走っていればすっかり乾燥です。

能登島も見納めですね…。

良いところでした。
もっと時間的余裕があれば、能登半島をグルっと一周!
有名な輪島市の朝市などにも出かけてみたかったのだが、それはまた次回のお楽しみとしてとっておきますかね。

ちなみにこちら☟が公式ホームページです


能登島大橋にて。

いつもM子さんを撮る時に『細く撮って!』と言われるが……。
画像の加工にも限界があるので、これ以上縦長に引き延ばすと橋の全長が半分位になってしまうので…無理です(爆)

では出発!国道8号線をひたすら上越市へ向け走行中!

能登島から真っ先に向かった【千里浜なぎさドライブウェイ】は前回の記事で動画にしたので割愛させてもらうとして。

帰路は日本海沿いをクールに走る、上越周りで行くとしますかね。

国道8号線は至ってスムーズ!ゴールデンウィーク中にも関わらず車の流れは順調でした!

道自体は他県と比べて変わらないが、背景が此処ならでは!って感じで雄大過ぎます!
デカい連山がバックを引き締めますねー。

普通の国道走りながらも絶景を見られるのがやっぱりコッチは一味違うね♪最高です!

今日も天気に恵まれて良かった。気温が高くなって流石に冬ジャケ脱いで薄着に切り替えました…。

やっぱりスケール感あるね、日本海は!しかも綺麗だ!ずっと見ていても飽きないくらいです。

所々で小休止しながら坦々と先ずは最初の分岐点、上越市を目指します!

海沿いルートは単調だが、日本海を眺めながらのクルーズは気持ち良いものです♪
上越市を目前にして、腹も減ってきたので要所要所に点在する道の駅を取り敢えず目指しますが、さすがにゴールデンウィーク!何処の道の駅も車と人で満車&満員御礼!

最近の道の駅は設備も食事も充実しているから、人がわんさか集まるのは当たり前となっているのもわかるのですが……。

人混みが大の苦手な自分とM子さん。飯くらいゆっくりと食べたいな!と。

そこで考えたのが此処!はま寿司 上越店

上越まで行って、チェーン店のはま寿司かい?……と言う声が聞こえてきそうですが…(笑)

侮るなかれ!チェーン店と言っても、関東とは一味違う!

海沿いだからなのか?仕入れ先が違うのか?専門的な詳しい事は知らないし、自分もM子さんも味にそれ程うるさい訳ではないが、一口食べてみてあきらかに新鮮さが違うと感じました。
※チェーン店の場合、何処も均一、同じ味ってのが基本らしいのですが…※

特に別物だったのが、マグロ!今まで関東のはま寿司で食べてたマグロに対して『100円返せ!』って言いたくなったくらいです(笑)同じチェーン店でも、所変われば…ってヤツですね。

人混みでギャーギャー五月蠅い、道の駅でまだか?まだか?と暑い中、順番待ちしているよりも、昼時をちょっとズラして空いてる店内でゆっくり食事した方が断然良いに決まってますがな♪この選択は大正解でした!

空皿で…申し訳ない…(笑)

美味くて食べるのに夢中になってて写真撮るのすっかり忘れてました。
バイクの時は満腹にすると、運転するのカッタルくなるから腹八分に控えたりするのだが…ここは容赦なく食べてやった!(笑)

白身魚の方が好物なので、100円寿司のマグロは余り食べない自分だが(←いやいや、回っていないマグロ何てとても食べれる身分ではないですよ。)

ここは一点集中!漬けも含めてマグロばかり注文してしまった。満腹!満足!ご馳走様でございました!!


『あ”ぁ~食い過ぎた~~。どっかで横になりてぇ。。。』

と言う、誘惑と闘いながら(笑)今度は海沿いルートの国道8号線から、山道快走ルートを抜けて津南町へ!

初めて走った道なので、ナビと看板頼りだったので後から調べて確か↑のようなルートで走ってきたと思います。

上越市から津南町(もしくは十日町市)の国道117号線へ抜ける、国道253号線、403号線、405号線、ここも最高に快走できる山道が続いてました♪

コレなんだろな?訳がわからないままスルーしたが、やたら目を引く建造物でした

どうでもいいと言えばそれまでなのだが…。知ってる人いたら教えてくだされ。

この地域にも星峠の棚田と言う観光名所があったんですね

星峠の棚田が有るのは国道403号線から側道へ行くらしいです!上越市からの分岐点で自分は403号線ではなく、405号線の方へ行ってしまったみたいです

405号線にも棚田は望めたが、星峠の棚田はもっと凄かったのだろうね。次回はそっちの国道も通ってみますかね。

十日町市にある清田山キャンプ場へ到着!

何とか日没までにはテント設置完了しました!
とにかく、日が暮れる前にテント設営って訳で、食材もお風呂も後回し。相変わらずのバタバタぶりでした…(笑)

キャンプ場は意外に山奥にあって、生活道路からキャンプ場へ行く入っていく山の道のりが結構長かったですね…。

時間的に余裕があればキャンプ場INする前に、食材調達とお風呂を済ませてからの方が、ゆっくりできると思う。

勾配があり、日が暮れてからの真っ暗で細い山道を上っていくのは結構しんどかったです…。
※余談ですが、このキャンプ場の地形は以前に行った福島県のキャンプ場とそっくりでしたね…。

2014年に書いたこの記事です☟ 

中山森林公園 もりっこの里と全くと言ってよい程で、サイト数も同じだったような気がします
段差のあるサイト構成で区画分けされていて、バイクでも車でも一区画2000円との事。

そう考えるとソロでのライダーには無駄に広いかな。4~5人位の仲間で一区画借りるのが最も効率的かもしれませんね。

難点はトイレが一か所しかないので、先に到着した順に近い場所はとられる可能性があるので、結構歩かなければならなくなる。

そうだなぁ。。自分が設置したサイトはトイレからは一番離れていたと思うけど…200mまではないとは感じたが先に書いたように段差のあるサイト構成なので、歩いて登ったり降りたりがあるので何気に疲れます。
洗い場はトイレとは別に、もっと近くにあるのでこれはありがたかった。

食材の買い出しは一番近くに『メルシーつなん』があります

ただ……。自分が行った時は売り切れていたのか、元々なかったのか不明ですが、弁当類は一切なかったです。

肉や野菜をキッチリ調理してキャンプするならば食材は揃うと思うが、遅くなったり疲れてたりで簡単に済ませたい時には更に近くにセブンイレブンがあるので、そっちで揃えてしまっても良いかもですな。

食材調達後は日帰り温泉ゆくら妻有で極楽気分♪

日帰り温泉はキャンプ場から距離にして6km程度にゆくら妻有があります

此処の温泉は熱かったなぁ。。。43.6℃とか出てたがどうなんだろ?普通かな?自分にはちょっと熱く感じて長くは浸かっていられなかった。

まぁ……。世の中にはこの温度でも『ぬるい!』なんて言う人も居るんだろうが。。
それでも、館内は綺麗だし休憩施設も広々していて温泉効能で疲れも汗もサッパリ流して気持ち良く一日を締めくくれました♪

さて、楽しかった能登島キャンプツーリングも明日は帰路の最終日。
最後まで気を抜かずに安全運転で旅のフィナーレを飾るとしましょうかね

続きます(深礼)