福島県鮫川村の鹿角平観光牧場キャンプ場へタンデムツーリング!

9月09~10日

福島県の鮫川村にある鹿角平(かのつのだいら)観光牧場キャンプ場へ向けタンデムツーリング!


今週末の土日は天気も良いらしく絶好のツーリング日和になるとの予報。
先週体調不良でお休みしたM子さんも元気に回復したようだし、いつもの如くタンデムでツーリングキャンプへ出かけるとしましょうか!

当初の予定では福島県の伊達市辺りまで走ってのんびり出来そうなキャンプ場を探そうと考えていたのだが、朝のうち私用が出来てしまい、それを済ませてからの出発になってしまったので、先週同様スローなスタートとなってしまった…(苦笑)

まぁ…。出発が遅くなったとは言え、焦って急ぐ事もないです(急がば回れ…ってやつですね)
遅くなったついでに少し予定ルートを外れて寄り道もしていくとします!
見頃は終わってしまっただろうが『筑西市のひまわり畑』を覗きに行ってみましょうか!

ムムム…!?
案の定、既に向日葵の見頃は過ぎて息絶え絶えの散り間際って感じですね…。
フェスティバル自体終わっているようだし、見物人も皆無…。

役目を終えた…と言えばそれまでなのだが…!?
何だか少し切ない気持ちにもなりますね…。
そりゃあ…綺麗な絶頂期にその素晴らしさを観るのは当然と言えば当然なのだけれども、時期がちょっと過ぎてしまえばもう誰も知らんぷりですか…!?

まだ枯れきってないのに見向きもされなくなるのは悲しいものです…。これは自分を含めたこの世のオッサン連中にも当てはまるんでしょうかね(笑)

のっけから何だか意味不明な人生論で(笑)しんみりスタートになってしまいましたが…。

まぁ…。取り合えず、自分とM子さんは綺麗に咲いてたその最後の散り際をしっかりと目に焼き付けておきますよ!

また来年も更に綺麗に咲いて訪れた人達に癒しを与えてくれる事を切に願いながら。

さて!話も予定ルートも脱線してオッサンの愚痴も吐き出したところで次にいきましょうか!(笑)


今回のキャンプツーリング(行き)ルートは大体こんな感じですね。あけのひまわりフェスティバル会場からのスタートとしましょうか!

此処から片道120㎞位だったかな?程よく無理のない楽々コースです。
『それくらいの距離走るのに1700ccのバイクなんていらなくね?』……なんて声が聞こえてきそうですが(笑)まぁ…これもご愛敬。走行距離が短いと休憩や寄り道等、全てにおいて余裕があるものですよ♪

いつも夕方目いっぱい、黄昏時直前まで走って駆け込むようにキャンプINしているが、今日は出発遅くなってしまったし、日中蒸し暑くてかなり体力削られました…。

思い通りにはなかなかうまくいきませんね。

休憩で寄った道の駅(はなわ)でM子さんと相談!日没ギリギリまで走るのは回避して近辺のキャンプ場を検索!『此処はどうかな?』と会心のヒット!(笑)
折角だから今日はまだ行った事のない鹿角平観光牧場キャンプ場にしよう!!と決定!!

ひまわり畑を出発して走りなれた国道294号線を茂木方面へ!

国道294号線沿いにある『ドライブイン大和』で昼食。
実は此処、前々から通る度に気になっていたのです

一見、地味な感じの普通のドライブインで気にしなければそのまま見逃してしまうような所なのですが…。
いつも数台お客さんらしき車が止まっていて、それなりに活気がある風なのでいつか寄ってみたいなと思っていたのです。

M子さんは焼肉定食 自分はニラレバ定食

変な言い方かもしれないが予想以上に美味しかった(笑)
店の外観同様、素朴な味で手作り感があってどこか懐かしい味でした。

おばちゃん…いや、そう呼ぶにはまだ若々しく失礼にあたりますね…。
昔風でファーストフードとかにはない手作り感溢れる田舎のドライブインの味でした。

機会があればまた寄って今度はまた別のメニューを食べてみたいのですが……!?
今日はのんびり旅で丁度お昼近くに通ったから寄る気になったんですが、ツーリングで予定通りに順調に早めに自宅を出発すると、食事するには中途半端な時間帯に通過する場所なのです。

それでもまた今度!時間と腹具合がかみ合った際には寄らせて頂きますね(笑)

快走ルートをのんびり北上。矢祭町辺りだったかな?

この辺の畑も稲がかなり伸びましたねぇ。
もう直ぐ(既に済んでる畑もあり)稲刈りが一斉に始まるんでしょうね。

今日はお天気も良くて、他の畑でも稲刈りをしていたところが多く、走りながらあちこちで作業しているのを多く見かけました。
今年は天候不良で日照不足とか言われているらしいけど、実際のところどうなんだろう?(←やたら畑を気にしていますが、自分は農家ではないです 笑)

美味しい新米が食べられると嬉しいですね♪

鹿角平観光牧場キャンプ場に早めに到着!

15:00前位に、夜空の星が綺麗だと評判の『鹿角平観光牧場キャンプ場』へ到着。

キャンプ場目前の木々に囲まれた坂道を登りきると景色が一変します!

 

なるほどねー!

ネットで『景色はリトル北海道』との書き込みなどをみかけた事がありますが…!?
まんざら大袈裟でもありませんね!この解放感は確かに北海道を連想させてくれますね♪
牧草ロールが纏まって置いてあったりするのが更にそれっぽい。
確かこの近くには以前『三株高原キャンプ場』へ来た事があったような…。無料のキャンプ場でなかなか良い所だったけど、砂利道が結構厳しかった思い出があります。
詳しくはこのレポで書いてます

何処かのオッサンがリアカーにキャンプ道具積んで押して歩いてます(笑)

此処のキャンプ場はサイト内への車やバイクの乗り入れが禁止なので、こんな風に設置場所まで運んでいかねばならないのです。

ロケーションも良くて設備も充実している良いキャンプ場なのですが…乗り入れ不可なのだけはちょっとだけ残念です。

広大な敷地とは言え、それは牧場としての範囲。
キャンプが出来るサイト面積はそれほど広いとは言えません。乗り入れ禁止には様々な理由があるのでしょう。
車やバイクをサイト内に入れたらスペース的な問題やフリーサイトで車が通るような通路も決められていないので、安全面なども考慮されてるのかもしれないですね。

確かにこのサイト内を縦横無尽に車やバイクで走行したら、ペグ踏んでパンクしたりとか、人と接触事故なども十分あり得そうですし…。

まぁ…たまにはリアカー押して運ぶ!なんて体験も楽しいものとしましょう!

では早速、テキパキとテント設置といきますかね。

M子さんとの連携プレイもすっかり役割分担決まった感じで慣れたものです。

何処に設置しても開放感満点のロケーションですが、先客キャンパーさんに迷惑かからないように適度な距離をとって入り口隅っこにしますかね。

取り敢えずテント張ったところで、M子さんがリアカーを戻しに行く!の画。

そこはやっぱり草取り作業員風にモンペ姿で決めてほしかったぞ!M子さん(笑)

あ!それと受付で薪、買ってきてくだされM子さん。(ちなみに薪は400円です)

鮫川村にある、湯の田温泉 村民保養施設「さぎり荘」へ

テント設置を完了させて、温泉と食材買い出しへと向かいます。
此処から一番近い温泉は『湯の田温泉 村民保養施設「さぎり荘」』です

 

さぎり荘は以前にも行った事があるんですが、建物が特徴あって一見、温泉施設と思えない外観してます。
名前の『さぎり荘』と、その変わった外観で初めて来た時は、老人ホームかと間違うくらいでしたけど…(笑)

温泉の加温や床暖房の熱源として間伐材や残材などを活用できる薪ボイラー

 

 

 

相変わらず、美術館を連想させるような綺麗なロビー。
こんな山奥の温泉施設とは思えないお洒落な空間ですね♪

 

 

Lion Dor(リオン・ドール)浅川店へ

温泉でサッパリして、次は食材の買い出しへ!
キャンプ場から最短にあるのは此処リオン・ドール浅川店となります。

唯、温泉も食材買い出しの為のスーパーも遠い…。
温泉だけならばキャンプ場からまぁまぁ普通に行って帰ってこれる距離なのですが、スーパーまでとなると一時間位は移動の為に時間を使いそう。

自分達のようなタンデムバイカーは先ずキャンプ道具を降ろさないと食材を載せるスペースが無いので(笑)こんな時二度手間になってしまうのですが、ソロや積載に余裕のあるライダーさんで鹿角平キャンプ場へ来る機会がある方は、温泉と買い出しは済ませてからキャンプINした方が絶対良い!と言っておきます!

キャンプ場へ戻り夜食と寛ぎタイム!

信号は殆ど無い山道コースだが往復は思った通り結構時間がかかってしまった。
流石に帰りは暗くなってしまった訳ですが温泉でさっぱりして気分もリフレッシュ!

お待ちかねの焚火もしないとね♪

 

久しぶりにB6君にも火入れ。

油でベトベトになるので後始末が面倒だ!とM子さんに不評のB6君だが(笑)
今日は焼き鳥したいので使わせてもらいますよ!

 

同時にフライパンで、お得意の炒飯と肉をがっつりと焼く!

あ!そうそう…。SちゃんやN君が使っているスキレットはカッコ良いのだけど重たいので、残念だけど使うのやめました(笑)

フライパンによるお決まりメニューだが野外で食べる食事はやはり一味違いますね!格別です♪

食事も済ませて、まったりとコーヒーブレイク。
星空を期待したのだが、夜遅くなるに連れて雲が多くなりすっかり覆われてしまったのが残念。

撮影も試みたがちょっと無理でした…。
唯、雲が途切れて顔を出す、がとても綺麗だったのでまぁまぁ満足です。

ちなみに気温ですが、朝晩は冷え込むと管理人さんが言っていたが、この時期はまだそれ程寒いとは感じなかった。個々で体感的な差はあると思うけど寒くて寒くて焚火から離れられない…とか、テント内に入ってシュラフから出られない…なんて事はなかったです。

唯、今日(2017/09/09)以降に訪問予定ならば寒さ対策は何かひとつ、焚火やストーブ厚手の上着や防寒着等、用意しておいた方が間違いないでしょう。

さて!二日目の帰路でまた新しい快走県道を発見したりもしたのだが。。。今回は特別、書き留めるような事もないので割愛とさせてもらいます。

画像と簡単な説明だけ下記に載せておきますね。


鹿角平観光牧場キャンプ場 案内看板

 

 

 

丘の上からキャンプサイトを眺める。

 

 

 

ソロキャンパーに助言です!

リアカーでの荷物運びが面倒と感じるかと思いますが、出来る限り奥のサイトへ行きましょう!(←ココ、ポイントです)

駐車場から遠くなればなるほど、バイク乗りならば自分のバイクが見えなくなるのは悪戯なども心配になるとは思うことでしょう(自分もそうです。出来る事ならば懐に置いておきたいのは当然。)

しかし、サイト内に乗り入れ出来ないこのキャンプ場を選んだ時点でこの際、自分が他人からの妨害を受けない事を最優先に考えましょう!

今回自分達が受けた迷惑行為(勿論、他にキャンプしていた良質なキャンパーさん達も同じ気持ちでいたことでしょう)
詳しく書いてやろうと思ったのですが…。個人orグループへの中傷文になってしまうのでココでは伏せておきます。

一言だけ…!?此処のバンガローは格安で泊まれる料金設定になっています。なので場所を理解していない、精神年齢が著しく低下しているグループ等に遭遇してしまう(かも?)しれません。

折角、良いロケーションの居心地良いキャンプ場なのに台無しにしないでほしいものです。。

……言いたい事、だいたい察しがつきますよね?それを回避する為です。炊事場やトイレが遠くなってしまうのですが、とにかく夜間はバーベキュー場からは出来るだけ離れた方が賢明です。

そば処 ますこ庵

快走ルートで帰り途中、大子町の袋田の滝付近で蕎麦屋を発見!

『こんな所に蕎麦屋とかあったんだ?』と興味津々で寄ってみることにしました。

 

お店の創りも新しくまだ開店して間もないんでしょうかね?
店内も綺麗で落ち着ける雰囲気が好感持てます。

天せいろそばを注文。
天ぷらはどれもカラっとサクサク♪蕎麦の味も文句なし!コシのある手打ちの蕎麦を味わえます。

お昼ちょっと前に入店してお客はまだ誰もいなかったのですが、正午になるとあっという間に店内は満席状態。この味ならば人気店なのも納得です。
此処のお蕎麦屋さんは機会があればまた次も寄ってみたいところですね♪
美味しいのは間違いなしですから、此処は皆様方にも是非寄ってみる事をおすすめ致します!

以上、今回のキャンプツーリングでした(深礼)