秋の行楽序章!ケイトウが咲き誇る那須フラワーワールドを楽しみ八方ヶ原で鹿と遭遇(証拠写真無し 笑)スッカン沢で筋肉痛…なツーリング!

那須フラワーワールドで雄鶏のトサカのような形をした花を咲かせるケイトウが見頃を迎える!


此処のところ、一時よりもだいぶ暑さも落ち着いて(まだまだ残暑が厳しい日もあるが…)吹く風が心持ちヒンヤリと変わってきましたね。
ようやく秋めいてきた!って感じになってバイクで走るのも気持ち良いですねー!バイク乗りには肌で感じる、年間通して走っていて気持ちの良い貴重な季節と言えます。

さて!本日は前日の雨が影響してキャンプは断念。土曜は買い物や用事だけ済ませてバイクツーリングは日曜のみ。

特に行く当てもないので、M子さんご推奨の那須町にある『那須フラワーワールド』ケイトウが見頃を迎えているらしく出かけてみますかね♪

いつもの如く、国道294号線を北上して快走県道を繋いでのルート!

今日は途中の道中、那須町からりんどうラインとやらへと向かいます!
確か…!?『りんどう湖』ってのがこの先にあったような…!?
そこからつけられた名前なのですかね?…詳しくは知らなくて申し訳ない(笑)
この県道も快走ルートですね!気分上々です♪

今日は天気も良くて気温も適温でした。
Tシャツに薄手のジャケット羽織ってのバイク走行は暑くも無く寒くも無く快適そのもの!

沿道の花も綺麗だね♪

 

自宅から約120㎞位かな?那須フラワーワールドに到着!

フラワーワールドの正面入り口

早速、綺麗な花達がお出迎えしてくれました♪

 

 

見頃を迎えていると聞いてきたので来場客でごった返しているかなと思いきや…。
それなりに来場客はあるものの以外に少なくちょっと拍子抜けでした(笑)
観光地の那須は周辺にも沢山のアミューズメントパーク(どうぶつ王国、サファリパーク、ハイランドパーク等々)がありますから、観光客も分散されるのかもしれないですね。
これなら黒山の人だかりにならずに、ゆっくりと園内を散策できそうです♪

入口からいきなりの大絶景!

思わず声を出してしまいそうな色鮮やかな景色に唖然!見事に咲き誇ったケイトウが素晴らしい!!綺麗なものですねーー!!

 

コンチハ!
食事中申し訳ないね。ちょっとお花を観にきたんでお邪魔させて頂きますよ!
※こちらは園内で飼われているウサギ達。

 

 

てか、そのリラックス姿勢…何か変だぞ(笑)

まぁ…多分ご自身は楽なポーズなのでしょうねぇ…。

 

 

景色も良いですねー♪

遠くに見えるのは那須岳…になるのかな。

連峰とケイトウの花畑のマッチングが最高に良いですわ。

 

園内の様子も絵になりますね。

段々畑のように高低差がある地形なので、下から撮っても上から撮っても遠くまで見渡せるように写るのがいいです。

 

加えてケイトウの色が鮮やかすぎます!
一見、赤と黄色の二色かと思うけど、よく見ると赤、黄色、ピンクの三色で交互に並んでいるんですね。

この鮮やかさは写真映えするの間違いなしです!

 

ケイトウの他にもラベンダーやマリーゴールド、秋桜も咲き始めてました。

まぁ…でも今、この時期はケイトウの派手さが圧巻です!

 

花は癒されますね~。

 

 

 

此処は園内の大きさも丁度良かった。
場所によっては広すぎて、歩いて移動するのに疲れてしまったりと贅沢な悩みがあったり知るのですが…。

こじんまりとして物足りない感じも無く、一周グルっと周ってくるには程良い広さが良かったです。

所々に休憩するベンチなども多々設置してあり気持ちの良い風が吹くベンチに座って綺麗な花達を眺める!

ある意味、最高に贅沢な空間です!

 

さて!綺麗な花も堪能したし、一通り園内をグルっと回ってきたんでそろそろ次の目的地に向かうとしますかね、M子さん。

 

 

 

フラワーワールドから県道68号線→県道30号線で八方ヶ原方面へ向かう!

今日は朝から小腹満たし程度でちゃんとした食事はまだだったのでさすがに腹が減りました…。
次の目的地、八方ヶ原の『スッカン沢』へ向かう途中、何とも庶民的な定食屋を発見!

観光地化されてしまって無駄にお洒落っぽくなってしまった那須でもこういう素朴で馴染みやすいお店があるんですね。お食事処『伊藤庵』此処で飯にしましょうか!

自分はもつ炒め定食。

何食べようか悩んでいたら店員のお姉さんが『イチオシですよ』とご推薦なので注文決定!勿論、ご飯大盛りです(笑)

小腹を黙らせる程度のつもりが、食べ過ぎて動けなくなりました(笑)
当然、イチオシだけあって味も満足。もつ煮好き(内臓系)にはおススメです!

M子さんはロースかつ定食。

初物失敗率が尋常ではなく高いM子さんだが最近は安全ラインでいってます!ロースカツならまず失敗はないだろう…と。

一口もらったが、カツが分厚くて食べ応え十分!しかも柔らかくてサクっといけます。このお店『アタリです♪』機会があったらまたリピーターにもなりたいですし、皆様方も是非、お立ち寄りおすすめします!

県道30号線から国道400号線(塩原バレーライン)を経由→人里離れた山道・県道56号線へ

腹も満たしたし、バイクの燃料も補給OK!
では続けて参りますかね。観光市街地を抜けて八方ヶ原の山道へ!

フラワーワールドでのんびりしたので結構、日没近し!って感じになってしまいましたが、帰り方面でもあるしとにかく行ってみますかね。

八方ヶ原(県道56号線)は以前にも来た事あるが那須方面からは初のアプローチです
途中に『12月~閉鎖予定(積雪の為、冬期通行禁止って事ですね)』のゲートを抜けて進むが、このゲート先の道が結構荒れてます

荒れてるってのは砂利道な訳ではなく、ちゃんと舗装にはなっているのだけれど木の枝や落ち葉、湧き水や小石等で路面が荒れているって事なのです。
道幅も狭いし普通に車も通るので、無茶するとズルっといきそうなので通行予定がある方は気をつけて通ってくださいね

県道56号線、雄飛の滝線歩道(スッカン沢)の駐車場に到着!

さて!着いたと思うのだが…!?
此処が『スッカン沢』で間違いないはずなのですが…?

 

 

案内板があったので確認してみる。
えーと??遊歩道……??本当か!?
此処の駐車場に車orバイク止めて歩いて行くらしいです…。

そうか!そう言う事か。。ようやく理解しました(笑)
…乗り掛かった船だ!歩いてみるか!と、歩くのをシブるM子さんを道連れに遊歩道へと降りて行きます(笑)

看板立ってました……!?
…だろうな。居るだろうな。普通にね。熊が…(笑)

此処はそれっぽいシチュエーションが整ったある意味、熊にとってベストな環境だと思いますから…。

 

遊歩道は此処の階段降りて行くみたいです。

 

 

 

おおっと…!!
険しいぞ…此処の遊歩道…。

バイクの時はいつもトレッキングシューズ履いてるから良かったんですが、ブーツとかだと直ぐ足痛くなりそうです。

 

木が根こそぎぶっ倒れてるし……。

いったい、どういう風になるとこんな事になるのか…想像つかないですね…。

 

 

木が倒れて道塞いでるし……。

遊歩道は石段になっていて、道標してくれているが…。
特別、登山が好きとかでなく、普段は車で移動が当たり前で『歩く』と言った行為に慣れていない田舎暮らしの二人には未知の世界と言ってもいいです(笑)

ちなみに、歩く事に関しては田舎人より都会人の方が絶対優秀でしょうな。移動手段が電車と車の差が大きな要因ですね

うわ…!何だよ!この巨大な岩は!!
今にも崩れ落ちてきそうだ……。

もう黄昏時…。なんとなくヤバい雰囲気です…。
結構辺りが薄暗くなってきましたし。。
『一体、何処まで歩けば滝があるのかな?』
それとも気がつかなくて通り過ぎたとか?全然違う場所だとか(笑)

案内板には3、4つ滝が有るって書いてあったのだがそれらしき滝が見つからない…。

コレは反対方向にあった滝だから違うと思うのだか…。

 

 

此処…居ますね、熊。
何かそんな雰囲気プンプンしますよ!

自分の野生の勘ってやつが『即刻立ち去れ!』と囁いてます(笑)

何か…熊が普通に川で魚取ってる姿が想像できます

恐る恐る進むが……石段になってた道が終わってしまった。
まぁ…道が無くなってたんではしょうがない。

足場は極端に悪くなるが、進もうと思えば進めたのだが…M子さんがもううんざりしてたんで(笑)

『これ以上は進まないほうが身の為だ』と天のお告げに警告されているのかもしれませんし(笑)

しょうがない!諦めて帰るとします。

辺りも薄暗くなってきたし、結局滝らしい滝は見当たらずに戻ってきましたとさ。
ネットの誤情報でしょうかね?…しかし案内板にはちゃんと『素廉(それん)の滝』『仁三郎の滝』『雄飛(ゆうひ)の滝』とかって書いてあるのですけどね…。

多分まだ歩き足りなかったのではないかと思います。
過酷な道をあのまま進めば滝が観れたかもしれません
また今度、時間に余裕を持って明るいうちに来て仕切り直りとしましょうか

八方ヶ原を矢板市方面へ向け帰る途中!一瞬の出来事だが野生のシカの親子(?)を目撃!

残念!!とっさの出来事に対応しきれませんでした…。

此処で野生の鹿と遭遇!慌ててカメラに収めようと構えるが……時既に遅し!右から出没し道路を渡って左側へ。また山の中へ消えて行きました。

 


山の駅:たかはらを過ぎてからだったから……。地図で言うとこの辺りですね
証拠映像が撮れなくてちょっと残念だったが……居るんですねぇ。。

野生の鹿の目撃!熊や猿は普通に居そうだから当然、鹿も居ますね。
全部で4頭(←頭で数えていいんですかね?)家族構成はわかりませんが(笑)父、母、子供2人ってところでしょうか?…体の大きさ的には、母と、子供3人って感じではありましたが…。

いずれにせよ、前方15m位離れた距離での遭遇で良かったです
鹿とかって躊躇しないで突っ込んでくるらしいから衝突は避けられて助かりました

まぁ…鹿にしてみればここら辺は領地であり、こんな山奥まで人間が手を入れてズカズカと侵略してくるもんだから居場所を荒らされてる気分なんだろうなぁ。。

お互い共存出来るようになれれば一番良いのだが…それも難しいのが現状ですね。。いつの日かお互いが仲良く共に暮らせる時代がくれば良いんですけどね。
まぁ…時折通る、車やバイクには気をつけて(笑)勿論、こちら(人間側)も細心の注意をはらって通行しますので、末永く家族と達者に暮らしてくださいね。


そんなこんなで今回は!

綺麗な花達を眩しいくらいに堪能出来たし、
ふくらはぎがパンパンになるような思いでしたが滝は見当たらず(笑)あり、
野生の鹿の親子(?)とのご対面…いや、正確には交差ですか…。
ありで、楽しめたツーリングとなりました。

今回は感激とサプライズあり!だが、大きなトラブルは無く無事に帰ってこれた事に感謝!
次は何処へ出かけてみますかね、M子さん。

それでは之にて(深礼)

💛 オマケ 💛

ちなみに八方ヶ原に点在する駐車スペース(チェーン脱着所)はこんな感じで間隔を空けて盛り上がり四隅にポールが其々立ててあるのです。(白い部分ね)

ポールは積雪時に目印としてあるのかと推測出来るんですが…。何故に段差をつけて高くしてあるのかが謎でありました。

…どうでもよい事なんですが…。不思議に思ってしまったので(深礼)