秋の紅葉キャンプツーリング!安達太良山から二本松市の見晴らし抜群な日山キャンプ場と名目津温泉へ!(日山キャンプ場編)

安達太良山の山頂から素晴らしき紅葉を満喫し、スーパーで食材も調達済み。予定していた福島県二本松市の日山キャンプ場へ到着!

前回からの続きとなります

着いてから気づいたのですが…!?此処のキャンプ場は景色が最高ですね♪
テントサイトから遠くに眺める安達太良の連山が素晴らしいです!(さっきまでその安達太良にいたのですが…ね)

テント設営されているキャンパーさん達もその辺は十分わかっているようです
連山を望むように皆さん設営されてました。
唯、テントサイト自体はそれ程広くはないので、特等席とも言える眺めの良い場所は限られた数になってしまいますね。

そうですねぇ……!?
ギュウギュウな難民キャンプ状態ではなく、ある程度の間隔を開けてプライバシーを保てる程度で設営したとすると…!?
眺めの良い場所は横一列に7~8テント位の設置が限界って感じでしょうか…。
争奪戦になりそうです(笑)
良いポジションは早い者勝ち!』みたいな感じです

サイトを覗いてみましょうか!?
う~ん。。。
さすがに眺めが抜群なポジションは既に埋め尽くされいますねぇ…。
若干、空いてるスペースはあるにはあるのですが…。
此処に割って入るのはどうも気が引けるような気が…。』って感じです(笑)

画像はテントサイトの下に有る、主にバーベキュー等ができる場所らしいのですが、
親切な管理人さんが『此処で良ければテント張っちゃってもいいよ!』とおススメしてくれました♪

ですが……!?

後ろを見上げると他のキャンパーさん達にずっと見られている感じで…(実際は連山を見ているのですけどね…)
『さて…どうしたものか?』と、設営場所に悩みながら……!苦渋の決断!決めました!!

今日の寝床はこちらに決定!!バンガローです!!

ヘタレキャンパーと呼んでください(笑)
そうです。キャンプ道具一式持ってきながらバンガローです(爆)

ですが、快適です♪
テント設営の労力要りません!
勿論、テント片付けの労力要りません!
照明があるのでランタンも要りません!
雨風凌げます!
トイレも洗面所も付いてます!
電源も付いてます!
M子さんはご機嫌です!
これで3600円です!

今回は楽な選択しちゃったな…(笑)
まぁ…テントサイトが満員御礼では仕方ないし、2人で3600円で泊まれると思えば安いと考えましょうか!

管理棟を正面に見て右側が砂利の駐車場です。
舗装はされていませんがスペースは広くて前列だけで、横並びにしたとして…車が10台位は余裕で駐車できそうな程です。

確か…!?
此処からも連山は望めたと思ったのですが…。
管理人さんと相談して、此処に車中泊しても大丈夫なようなら、なかなかのロケーションを期待できるかもしれません

駐車場の奥側がバンガローサイトの入口となります

こちらがバンガローサイトです

大部屋と小部屋の二種類のタイプがあります
管理棟から駐車場を横切りバンガローサイトへ入っていくのですが、手前が小部屋(常用6人)の群れで奥側が大部屋(常用9人)となっています

上記した砂利の広々とした駐車場に車で来たバンガロー利用者はそこに停めておくようでした
自分達はバイクなので『バンガローの前まで乗り入れしても良いですよ』と管理人さんに公認をもらったので(笑)荷物の運搬が楽でした♪

バンガローの中はこんな感じです。清掃が行き届いていて綺麗ですね
自分達は2人なので小部屋のスペースで十分です

常用6人とありましたが確かにそうですね
左右の2段ベッドに其々4人
真ん中のスペースに雑魚寝組が2人って感じのレイアウトでしょうね

床はフローリングで、小さいけどベランダもあります
バンガローの位置(入口正面から見て、左側ですね)にもよりますが、窓から安達太良連山を眺める事も出来そうです

日帰りの秘湯 名目津温泉へ!

一時はどうなるかと思いましたが(笑)取り敢えず今日の寝床はキープ出来たので近くの温泉に行くとします!

山奥にこじんまりと存在する【秘湯 名目津(なめつ)温泉
道路はちゃんと舗装されているので普通に車も通れます

唯、時間には注意が必要です!
営業終了時間ギリギリだと、もしかしたら『CLOSED』になっている可能性大です
この日も自分達が最後の客だったらしく19:30にはご覧のように閉店ガラガラでした。
一応、20:00までとはなってますが…オーナーさんの判断で早仕舞いもあるって事です。行く予定がある方は注意してください

丁度、入浴者が居なかったので撮影してみました

露天風呂がないのがちょっと残念ですがこじんまりとして、良い湯でした♪

 

 

厳選かけ流しなのでしょうか?
お湯の温度は微妙に変化して45℃位まで上がったりもしてました。

さすがに45℃は熱くて長くは浸かっていられなかったです(笑)
入浴後にM子さんに聞いたら、女湯の方には水道のホースがあって温度を調節して入れたみたいです
気づかなかっただけで男湯の方にもあったのかもしれないですね…。

バンガローに戻り夕食です!

温泉でサッパリしてバンガローへ戻ります

ヨークベニマルで買ってきた食材で晩飯としましょうか♪
日中は暑かったですが結構標高も高い山の中の夜はさすがに冷え込みます

本当はテントサイトで熱々の鍋といきたかっのですが…。
お風呂でぽかぽかと温まった身体をテント泊でまた冷やしてしまうのも勿体なかったかもしれません。結果オーライですがバンガロー泊にして正解だったかもしれませんね♪

勿論、肉も焼きます!

やっぱりアウトドア(今日はインドアですか…(笑)では肉がメインになりますねー♪

家で食べる時とは、同じ物でも違って美味しく感じるから…不思議なものです

最後はうどんを投入して〆です!

…鍋…と言うより最初から『味噌煮込みうどん』って感じになってしまった感はありますが…(笑)

〆にご飯投入で、おじやにするのも勿論ありです(美味しいですよね♪)が、自分はうどん好きなのできしめんです。満足です!

お腹もいっぱいになり、煙草を吸いに外に出たら星の綺麗さにびっくり!
此処のキャンプ場は眺めも良いし、満天の星も望めてロケーション的にもバッチリですね!
此処もお気に入りのキャンプ場に追加決定です♪

考えてみれば…!?
最後にバンガローを借りて泊まったのは2015年の北海道ツーリングの時だった記憶があります
キャンプ道具一式持ってきたので、テントとタープが不必要になってしまいましたが、それ以外のストーブやマット、シュラフなどは活用できて無駄にならずに良かったです
これから寒くなってくるとテント泊も厳しくなりますので、こんなに快適ならばバンガロー泊も一つの選択肢としてアリですね。

唯、今日のキャンプ場のようにバンガローが3600円と安く借りられるような場所ばかりではないので(普通は5000円以上するのが相場ではないでしょうか)
4~5人でのマスツーならお得かもしれないですが、ソロキャンパーとしてひとりで泊まるには割高になってしまいますね。

バイクと一緒に入れるソロ用のバンガローみたいのも有ると聞いた事はあるのですが…なかなかそんな所は今まで行ったキャンプ場では見かけた事ないですね…。
まぁ……今回はヘタレて(笑)バンガロー泊しましたが、ちゃんと防寒して暖をとり、装備を充実させればテント泊も何とかなると思うので、皆頑張って寒い冬のキャンプツーリングを乗り越えましょうね!

日山キャンプ場のバンガローにて二日目の朝を迎える!

おはようございます!爽やかな朝を迎えられました!

それにしても…やっぱりテント泊とバンガロー泊を比べると、疲れのとれ方が違うのですかね?
身体何処も痛くならずにぐっすり眠れたおかげでスッキリ爽快です

さて!
今日はまた戻る様な感じになりますが『磐梯山ゴールドライン』の紅葉を観に行ってみますかね、M子さん!

其の三へ続きます(深礼)