福島県の只見町いこいの森へキャンプツーリング!天候不良で新潟県魚沼市から無念の帰路へ!

国道400号線・塩原バレーライン

此処最近の傾向として”週末になると何故か雨が降る”負のサイクル続きだったのですが…!?
『今週末はイケそうかな?』と、三連休を利用してキャンプツーリングに出かけたライダーも多かったのではなかろうか?

2018/10/06~08の三連休、今回は天気予報を信じて見事に裏切られました(笑)

『曇りのち晴れの予報じゃなかったっけ?』と天を恨めしそうに拝みながら無念の雨中走行へ!

それでは兎にも角にも先ず、出発しましょうか!

栃木県真岡市のセブンイレブンからスタートとしましょう!

今回もタンデム&キャンプ道具満載の引っ越し夜逃げ屋スタイル(笑)防寒着も加わりいよいよ積載スペースがなくなってきました…(笑)
キャンプ道具は一応、必要最低限。コンパクト化も可能な限りしているつもりなのですが…!?
持っていく道具類を厳選しなければなりませんね…。

更なる積載スペースの確保として考えられるとしたら『タンクバックの大型化』または『サイドケースの上にもネット等で固定する』などがあげられますが……。
今後の課題ですね。

♠それでは今回のルートです。

初日の目的地は『福島県只見町の青少年旅行村いこいの森キャンプ場』です。


只見町のキャンプ場へは去年はなんやかんやで一度も行けずにシーズンオフになってしまい、暫くぶりに行ってみる事に決定。ライダーにとって聖地的キャンプ場なのは重々承知しているので楽しみです♪

⏬ 過去に訪れた只見町いこいの森キャンプ場のレポートです ⏬

気温も程良く天候も上々!

やっぱり天気は良いに越した事ないですね♪
それにしても……まさか二日目があんな大雨になるとは……。※それは後ほど書いていきます※

勿論、この時点では想像するはずも無く『うはー!!天気良くて最高だー!!気持ちいいー!!』などと、浮かれて走っていた訳でありますが(笑)

道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原

相変わらず怪しい出で立ちのM子さんはさておき!

国道400号線・塩原バレーラインで小休止。
バレーラインを走行前(走行後)に寄るには最適な場所に位置する道の駅。

立地条件が良いせいか、此処の道の駅はいつも混んでるイメージだったのでいつもスルーしていたのですが今日は空いてそうだったので初めて寄ってみる事に!

道の駅の場内は意外に閑散としていた

何かのイベント等をやっている様子も無く、ワイワイと賑やかさはなかったが場内に飾られていた色づき始めのコキアは綺麗でした。

ちなみに、コキアと言えば『ひたち海浜公園』が有名ですね。以前にコキアが見頃の時期に行った事がありましたが流石に綺麗でした♪

⏬ このレポートですね ⏬

国道400号線:塩原バレーラインを会津方面へ!

道の駅:アグリパル塩原を過ぎたあたりから会津方面へ向かうルートは快走山道です。

片側一車線ですが信号も殆どない道なので快調に走れます!

でも前方にバスなどが走っていると延々と引っ張られますが(笑)

さすがにまだちょっと早いと思いつつ『紅葉🍁してないかなぁ。。』と少しだけ期待していたのですが……!?

やはりまだ後、2、3週間後って感じでしょうか!見頃になると観光に訪れる車で渋滞してノロノロ運転になりそうですがこの周辺はさぞかし綺麗に色づく事でしょうね♪

紅葉はまだでしたが景色は抜群に良いです!

代わるがわる迫りくる山々が全く退屈させてくれません!
これが全部紅葉するのかと考えると感動モノかもしれませんね。

とにかくわき見運転にはくれぐれも注意して走りましょうか!

今日はお天気には恵まれました。

気温はバイクで走るには、涼しい…を通り越して少しだけ肌寒いと感じるくらいの陽気でした。装備に悩む時期でもありますね。
自分の装備を例に挙げると、Tシャツ、メッシュジャケット(インナー装備)でこの辺りは丁度良かったかな。

天候にも左右されますがこの先、東北方面へ向かう程、厚着しないと寒く感じるでしょうね。

福島県南会津町にある会津田島祇園会館のレストランコーナーで身体に優しいヘルシー昼食!

会津田島祇園会館

自分もそうだが初めて訪れた方は『えっ?此処で食事できるの?』と思うかもしれません(笑)

一見、何かの展示館のような外観ではありますが、建物周りと正面にちゃんと”お食事処”を示すのぼりがあがっています。臆せず中へ進みましょう!

いやぁー!最高に良いですねー♪
何だか、学校に給食でも食べに来た雰囲気の店内です。
一風変わったこういうの大好きです!

980円でバイキング形式。
用意されてる手作り食材を自由にチョイス出来るのがいいですね。

実にヘルシーな昼食です!健康になりそうです(笑)
おふくろの味』って感じがたまらなく美味そうです!いや、実際美味かった♪

肉類は唐揚げくらいしかなかったですが、おふくろの味的旬の食材が豊富で物足りなさは微塵もないですね。
今夜はキャンプ場で肉中心の夜食になるのは明白なのでOKです。

女性目線で、M子さん曰く『これだけの食材使って作るのって大変なんてものじゃない!てか、家庭で一人じゃ無理!』だそうで(笑)

確かに手間暇かけてではないとこれだけの惣菜を揃えるの一人じゃ大変ですよね。。

感謝していただきましょうか!

【会津田島祇園会館について】

お昼をちょっと過ぎた時間帯に訪れたのですが、満席で順番待ちしている様子も無く直ぐに食べられました。
地元でとれた旬の食材を使っての料理は知る人ぞ知る!的な地域の人達には人気なのでしょうね。

客層としてはやはり年配の方々が多かったのですが、栄養が偏りがちな食生活をしている方にこそ是非食べてもらいたいものです。

本当、ヘルシーでバランスの良い食事が出来ますのでお近くをツーリングやドライブ等で通る機会がありましたら寄ってみる価値は間違いなくありますね。

穴場的存在だと思いますのでお試しください。

福島会津の快走ルート:国道121号線(日光街道)→国道289号線(駒止バイパス)→沼田街道へ!

何度走っても福島・会津方面への道は気持ち良い!

のどかな田園風景を眺めながらのクルーズは本当、究極の癒しですね♪

まだ『稲刈り』してない地域もあったりして、やはり東北は関東よりも一か月くらい収穫の時期も遅いんですかね?

ちなみに!
M子さんが言ってましたが、稲刈りしてなかったのは『飼料米』って言うらしいです。
人間が食べるお米は既に刈り取られていたみたいですが、家畜などに食べさせる(餌)お米は収穫時期が遅いみたいですね。

『なんで?』………?って、何故なのかは専門ではないのでわかりませんが(笑)

これで紅葉していれば言う事無し!…なのですが紅葉はもうちょっとだけお預けですね。

沼田街道(289号線)の橋の上から

此処でもやっぱり『オッサンは橋の上が大好き♪』です(笑)

目的のキャンプ場まで後わずかですが多少は時間があるので焦らず行きましょう!

以前来た時はこの辺りは素晴らしく紅葉していて感動モノでした。保証はできませんが2018年の今年は11月上旬くらいに訪れると色鮮やかな紅葉を拝めるかもしれません。

伊南川

橋の上から眺める伊南川は綺麗そのもの!それにしても不思議な色してましたね…?

良く言えば『コバルトブルー』なんですけど…ね。人工的な色してますがこれも自然の産物なんでしょうか!?

相変わらず写真の腕は上がってませんが(笑)画像の加工なしで実際にこんな色しています。

川が不自然な色をしていると『近くの化学工場等から流れ出た有害物質が原因』とか言う事例もあるが……!?
まさかこんな自然豊かな地域でそんな事はないだろうなぁ。。

只見町青少年旅行村 いこいの森キャンプ場に到着!

本日もストレスフリーの東北快走ルートを満喫。

目的地のいこいの森キャンプ場へ予定通り到着です

2018/10月現在、東と西側のバンガロー周辺が改修工事中の為、使用不可となっており柵で囲まれ進入禁止になってます。
それと、フリーサイトも奥の山側は伐採作業していて使用禁止になっているので、フリーサイトもスペース的には全体の半分くらいになってました。

唯、使用不可部分を補うべく管理棟の直ぐ脇の芝生になっている場所へテント設営可能となってます。

皆さん事前にHPとかで改修工事中なのを知っていたんですね。。ちゃんとリサーチしておかないとダメですね…と反省しつつも、空いていたので東屋を独占出来ました♪
明日の朝方は天気予報では雨が降りそうなので撤収作業が助かりそうです

テキパキとテント設営完了!

最近ではこのノースイーグル・リップツールームドーム200の設営も慣れてきたもので、以前のテント&タープを張る作業よりも簡単だし使い勝手が断然良いですね。居住性もアップして快適、満足しております。

仕舞いは結構かさばるのでソロだと完全にオーバースペックですが、2人での使用ならば丁度良いサイズ感ですね。

【ノースイーグル・リップツールームドーム200】について、ちょっとレビューしてみましょうか!
良いところ
・コストパフォーマンスは抜群です。このスペックで2万円は破格でしょうね。

・前室の正面、サイドがメッシュにできるのはかなり便利です。夏場で虫が多い時には進入を防いでくれて助かります。

・調理をする時もメッシュにしておけば換気にもなりますし、焼肉等の煙も外へ逃がしてくれます。

・食事後はマットの上にそのまま寝転んで(笑)メッシュ越しに夜空の星を見上げる♪…なんてのも良いものです。

・勿論、フルクローズにもなるので外部を気にせずに着替えや食事、就寝時も安心です

・寛ぐスペースの前室用にマットを持参すればロースタイルになり椅子要らずになるので荷物を減らせる(←これは好みの問題になりますね。焚火をするには椅子があった方がいいだろうし…。)
悪い……いや、気になるところ…ですかね
・寝室部分はインナーになっているので寝るスペースは快適なのだが、前室の裾部分が足りなくなって地面との隙間が出来てしまう。テントを張るテンションなどが関係しているのかもしれないがこの微妙なスペースの空きが使ってみて非常に気になる方も多いと思う。

上記で『虫の侵入を防いでくれる』…と書いたが完璧ではなく、この裾の隙間を潜り抜けて進入してくる虫もいるから厄介だ。

・二つ目は、工夫次第でどうにでもなるが『前室にランタンを吊るすフックが無い』事。まぁ…これは本当、工夫すれば問題ない程度で自分は自在ロープを使ってランタンを吊り下げてます。温泉で使って濡れたタオルなどもひっかけておけば、野外に干すより乾きは遅いですが夜露にやられる心配がないです。

♠ 総評 ♠
・この価格でポールは全て軽量のジュラルミン。
形状的にテンションがかかる部分のポールは既に一本曲がったままになっており耐久性にはやや疑問符は付くが『折れたらそれまで!』くらいの気持ちで使ってみれば…と思います。

・使い始めてもうすぐ一年で、数回使用した感想としては…設営の簡単さ・タープ要らずでゆったり寛げる前室スペースに大満足。※キャンプ場も場所によってはテントとは別にタープの料金とるような所もありますからね。。

コスパを考えればこの価格帯でこのクオリティーならばケチをつけるのはナンセンス!引き続き各部位の耐久性などもウォッチングしていきますね。

話を戻します!

東屋を使えたのはラッキーでした。テーブルと椅子が用意されているのはありがたいですね。
ちなみに…!?何故か、おでんです。パックに一通り具材が入っているものですが……美味しくなかったです(キッパリ 笑)

設営完了したので晩飯の食材調達とお風呂に行きましょうか!

只見町営温泉保養センター「ひとっぷろ まち湯」

勝手知ったる何たら…で、此処のキャンプ場へ来たら温泉施設は此処ですね。
キャンプ場から数㎞で利便性に優れてます
場内に温泉施設が完備されてるキャンプ場も有りますが、バイク旅なら高規格なキャンプ場はなるべく避けたいものです。

只見町のような直ぐ近くに入浴施設があるのが一番ですね。

食材も直ぐそばに『ブイチェーン』があります

お約束の肉を買って夜はガッツリいきましょうか!?

都会と違って閉店時間も早いので油断してると閉店ガラガラになるので注意しときましょう!

この日はキャンプ場からよく見える距離で”花火”が打ち上げられてました
今年は花火大会等にはわざわざ出向いてまでは行かなかったので得した気分ですね♪

時間的には短かったのですが、まさかキャンプ場で花火を見れるとは思わなかったので嬉しいサプライズです。
動画も撮ったのですが、画像で花火を撮るのは難しいですね(笑)久しぶりに見る花火は勿論、綺麗でしたよ!

そして最後は恒例の一人花火(笑)焚き火です。

やっぱり女性は焚き火に関してあんまり執着はないようです。M子さんは食後は前室で横になってぐだぐだしております(笑)

異常なくらいに暑かった今年の夏でしたがさすがにこの時期になると夜はそれなりに冷え込んできますね。焚き火の暖かさが嬉しいものです♪
相変わらずカメラの腕前は下手くそなので撮れませんでしたが、只見町の夜空を彩る無数の星々が極上に綺麗でした!

やはりキャンプ場で一日の最後を締めくくるのは満天の星と焚き火に限りますね。火を弄っていると何時までも起きてて夜更かしになってしまうのが困りものですが(笑)

さて!
一応、明日の予定では『長野県のカヤの平キャンプ場』へ向かう予定ではあります。
唯、台風通過に伴いお天気が気になるところではありますが…。
予報では『徐々にお天気は回復』とありますが果たしてどうか……?(タイトル通りの結末となるのですが……。)

初日は此処まで!ご就寝です(深礼)