紅葉シーズン最高潮!日光いろは坂を経由し戦場ヶ原から山王林道を抜け川俣間欠泉と瀬戸合峡へ!

川俣間欠泉展望台で温泉の噴射を待つ!!

間欠泉の有る展望台辺りが山王林道の終点(始点)です。

此方の間欠泉、案内看板には『60分に一度、温泉が吹き出す!』と書かれています

噴射する保証は何もないですが…ここは日頃の行いが試される時!(笑)
5分後に吹き出すのか?はたまた30分後になるのか?もしかして本日は閉店ガラガラなのか?(笑)

取り敢えず待つ事にしましょうか!

待ってる間、周りをフラっと散策したり丁度お昼近かったのでコンビニで買っておいたパンやおにぎり食べたりと。
※本日はソロなのでコンビニ飯で適当にです※

そんなこんなで待つ事30分!!………予兆らしき噴煙は時々上がるものの未だ勢いよくは噴射はせず。。

噴泉橋からの眺め!

露天風呂が見えますね。ですが…橋の上から湯船が丸見えなのでちょっと恥ずかしいかもしれませんねぇ。。

簡単な食事も済ませて特にやることも無く…。
結構イライラしてきましたが(笑)30分を超えたあたりからはもうここまで待ったらもう諦めきれません!見るまでは此処を動けません!

ちなみに展望台には小さいですが『足湯』があります。噴射を待つ人達も次第に多くなってきて満席状態になると足湯でのんびりとはいきませんが空いていれば足湯に浸かって待つのも良いかもですね。

やっとキマしたーーー!!

実に待つこと約50分!
正直、待たされ過ぎた感は否めませんが…。

着いて早々噴射を見れた人。2~30分で見れた人。自分のように1時間近く待ってた人(笑)様々ですが無事にお目当ての温泉噴射を見れて満足です!

熱湯が噴き出す根元部分はこうなっています。

噴き出している時間は…!?
そうですねぇ…。。3分位で終わってしまったと思うのですが。橋の高さくらいまで届いているので軽く10m以上は吹き上がってますね。

自然の成す産物なので時には30分おきに噴射したり、立て続けに3回、4回と噴射したりする時もあるそうです。

川俣間欠泉から川俣湖を眺めながらのクルーズ!

さて!

目的達成したので次なる目的地、瀬戸合峽を目指しましょうか!
噴射が終わった直後に間欠泉に着いたばかりの人々を横目に、軽く嘲笑いながら(⬅オイオイ!性格悪いゾ!)向かいましょう。

川俣温泉から川治温泉あたりまで延々と続く県道23号線。この県道も快走ルートです。

山道で路面も所々荒れている場所もありますが、この時期でも交通量は少なめでした。

周りは山々に囲まれているので絶景が期待できます!
見渡しの良い場所にはちょっとした駐車スペースもありますので観光に訪れた方達が思い思いにカメラを構えておりました。

良い所ですね♪

同じ日光でも中禅寺湖周辺は大渋滞必至ですが、こちらの川俣は観光客も交通量も少ないですから意外に穴場かもしれません。

自然の豊かさは川俣に軍配ですね♪

県道23号線:川俣湖を跨ぐ川俣大橋を渡る!

川俣でも『オッサンは橋の上が大好き♪』です。

此処からの景色は素晴らしかった!!
空が広い!広い!
湖も広い!広い!
橋は……?狭くて高所恐怖症の自分は怖かった(笑)

青空!ディープグリーンの湖!色鮮やかな紅葉!気分は絶頂!空前絶後の……ってとこですかね(爆)

川俣湖

穏やかな湖面が何とも心落ち着きますね。

文句なしの綺麗さでした!
本当、コレはこのままパソコンの背景に使えそうですね♪

今日は晴れてくれて本当良かった♪

素晴らしい景観に感謝!

瀬戸合峽に到着!遊歩道へと向かう…がしかし!

此処は遊歩道が整備されてていくつもの橋を渡ったりして様々な角度から紅葉を楽しめるようになっています。

紅葉シーズン限定なのか、普段もなのかは不明ですが、駐車場も用意されていて警備員が誘導してくれます。
※ちなみに駐車場は無料です※

大規模な工事中の様でした!

ダムの壁面の補強工事と書いてあったと思います。
ですが、遊歩道には影響はなく順路通りに進めるようです。

取り敢えず歩き始めたのですが…!!
歩くの面倒臭くなって途中で引き返してきてしまいました(爆)
いやぁ~。言い訳させてもらうと…結構距離があって最後まで行くのは思い切りと忍耐力が要るのですよ…。

しかも行きは下り坂を降りてく感じなんですが……。『この道帰りは登って行くんかぁ。』と考えると脚が止まりました(泣)

さて!一通り言い訳したところで!(笑)

取り敢えず自分は諦めモードで途中でリタイアでしたが気力、体力共に充実されていらっしゃる皆様方でどなたか行ってみてくだされ(⬅他力本願)

苦労を重ねて歩いた先にはきっと素晴らしい幸運が待っている事でしょう(←適当〆)

快走山道の県道23号線を川治ダム方面へ!

期待していた瀬戸合峡は歩く距離に圧倒されて無念の途中断念でしたが、バイクで景色は十分すぎる程堪能できました!

帰りの道中でも至る所で絶景が観れて走っては止まり、走っては止まり(笑)で写真も沢山撮れて感無量ですね♪

自分が見た限りの感想としては…!?

いろは坂の方は色とりどりで鮮やかな印象!(赤色の葉が多いので派手さがありました)
川俣の方も色は様々でしたが、全体的にオレンジ色に紅葉しているイメージでした。
比べて観るとやはり、いろは坂の方が派手さがあるだけ綺麗かとは思うのですが…。大渋滞に巻き込まれるリスクは覚悟しなければなりません。

紅葉シーズン真っ只中のこの時期、いろは坂の渋滞をいかに軽減して抜けるかがカギとなりますね。

今回、自分は早起きして朝食も後回しにして朝の早い時間帯にいろは坂を抜けようとしたのが正解でした。

いろは坂を抜けてしまえば他はそんな渋滞するような道路もないと思うので策を練って効率良くルート設定すれば休日の日光でもストレスフリーで楽しめるかと思います。

☘ 総集 ☘

快走ルートを重視して望むなら川治方面から川俣へアプローチするコースもありですね。

山王林道を抜けて中禅寺湖方面へアクセスすれば渋滞する時間帯をうまくいけば交わせるかもしれません。

自分が訪れた2018年11月4日の時点で日光の紅葉は若干終わりを迎えているかの状態でしたが、まだ後1週間位は大丈夫な気がします。今週末あたりラストチャンスと思いますのでお時間が許す限り狙ってみては如何でしょうか!?

今回も刺激十分に綺麗な紅葉を堪能出来たし、何より無事に帰ってこれた事に感謝!!
予報では『今年は秋が長い』らしいです。

寒さに負けずまだまだバイクライフを楽しみましょうね(深礼)