新潟~山形~福島2泊3日キャンプツーリング【2日目後半】月山花笠ラインを満喫→月山湖展望広場に月の女神に会いに行く!→福島県喜多方市にある『道の駅喜多の郷』から本日のキャンプ地:中山森林公園もりっこの里へ!

キャンプツーリング 2日目後半 鶴岡~月山~喜多方 泊】

新潟・日本海の極上絶景を満喫し、名残惜しくも別れを告げ、日本海東北道(無料区間)と六十里越街道・月山花笠ラインへ向かいます

それにしても、この高速道路無料区間はありがたいですね!
この無料区間のおかげで相当時間短縮出来ました。

旅プランは取り敢えず立てるのだが、無料区間などは事前に調べておかないツメの甘さが自分なのです!(自慢する事では無い)

無料区間はコチラのページに案内が載ってますよ→


予定では全線下道で1日300kmを考えていたが昨日などもキャンプの受付時間(大体何処も17:00位)を少々オーバーしてしまうなど、やはり頭で考えているようには、現実はうまくいかないものですね。
まぁ…ちょっとしたアクシデントも楽しむくらいの余裕も想定してプランを考えるのが本当は良いのかもしれませんね。

走りっぱなしならば下道300kmは普通に可能だろうけど、自分などは『川が綺麗だ♪』 と見つけると河川まで降りていったり『山の景色が良いアングルだ!』と見つけると路肩に停めて写真をパチパチ(笑)

旧山道入口』とか見つけると何故か吸い込まれるし、鷹が低空飛行してると追いかけて道を外れてしまうし(爆)

…まぁ…。コレも、集団行動では絶対出来ないソロツーリングでの自由さと言えるので”有り!”でしょう♪もっと自由に旅を楽しまなくては…ね♪

あさひ月山湖展望広場から月山湖を望む!


山は景色が良いですねぇ♪ 遠くに見えるのは 月山ダム

あさひ月山湖展望広場から眺める月山湖

自然豊かでのんびりしてますねー♪
こんな景色、大好きです!

想像ですが、この辺り『秋の紅葉シーズン』に来たら素晴らしい景観が望めることでしょうね。

うーん!!次は狙ってみたいです!


↑ ↑ ↑ …だそうです(笑) 説明は画像を参照にてください

あさひ月山湖展望広場を象徴する大きなブロンズ像月の女神

思わずひれ伏し拝みたくなるような(笑)美しい女神像ですね♪

月山花笠ラインを走行し本日のミッションコンプリートです!

以前に通ったのは冬で、雪道を恐る恐る乗用車で通行したのを覚えています
通行止めレベルではなかったのですが景色は何も見えず、センターラインを頼りに神経使いながらの険しい道のりだったのを思い出しました。

本日は好条件♪ 快晴のお天気&見渡す山の絶景&澄んだ空気&風も爽快&愛車も絶好調♪この上なく、最上の時間ですねー!


月山湖大噴水 展望広場 にて小休止


大勢の観光客のお目当てはコレですね

大噴水の名に恥じない凄い勢いで吹き上げています

本日のキャンプ地喜多方市の中山森林公園 もりっこの里へ到着!


上機嫌で快走ルートを南下し、本日のキャンプ地中山森林公園 もりっこの里へ到着です

キャンプ受付は此方の 道の駅 喜多の郷 管理事務所にて行います


テント設置場所はこちらで現在空いているサイトを教えてもらえるので、先に場所決めをします

No.1~No.10まであり、自分はNo.1のサイトに
簡単ですが、手書きのサイト地図を貰えるので迷う事は無いと思います

もりっこの里テント利用料は450円(市内の方は300円)とこれまた安い♪
東北方面のキャンプ場は本当、安いですね~。


道の駅喜多の郷で受付をしたら、一旦国道へ出て左方向へ→約100mあるか無いか位の所に
中山森林公園もりっこの里』の看板があるのでソコを左折するとテントサイトへ!

森の中へ入っていく感じですが、道なりですので難しいことはないです

曲がる所は案内看板があるのでその通りに進んでいくと、最初に炊事場&トイレがある管理棟があります


おっととと……!!大木が折れて道を塞いでいます

看板に熊出没注意とあるように、この大木は熊がなぎ倒していった物です!

…嘘です(爆)

ご心配なく!この先は何処へ続いているのかは不明ですが、キャンプ場へ繋がる道ではないのでスルーでOKです!安心してキャンプを楽しみましょう♪


さて
No.1のサイトは此処ですね

高台になっていてスペースも十分とってあり、良いサイトではないですか♪満足♪満足です♪


場内サイト間の移動路は舗装されていて、オンロード車、クルーザーでも全く問題なく走行できます。これはありがたいですね

林間サイトなのでロケーション的には物足りないと思う方もいらっしゃるかとは思いますが『木々が呼吸していて草木が躍っている』…なんて、詩人にでもなったような(笑)セリフが出てくるような、とても静かで落ち着ける空間の良いキャンプ場ですねー♪

すぐさま思いました!今後もまた来たいなとリピーター決定です!!

手際よくテント設営を終えて、また直ぐお隣の『道の駅喜多の郷』へ戻ってきました

画像奥に見える茶色の屋根が日帰り温泉 蔵の湯です

手前の建物がお土産館になっていて、そこで今日の晩飯食材を買おうとしたのですがどうしても 『肉が食べたい!!』となり、風呂前に5km先のスーパーまで買い出しに行くことに(笑)


買い出しから戻る頃にはすっかり暗くなってしまいました

さて、お次はいよいよ蔵の湯でさっぱりと風呂だ!!なのですが…ここで駐車場で隣り合わせた、宮城ナンバーのKawasaki乗りのソロキャンパーさんと話し込むことに(笑)

※ニコニコ笑顔が似合ってて、話しが面白い♪タンデムバイカーHyugaはこう言う人大好きです(男同士ですからね 誤解なく 笑)※

【 此処から脱線してチョットKawasaki乗りさんとの小話 】

Kawasaki乗りさんは今、スポーツタイプのバイクに乗られてるのですが、国産アメリカンのドラッグスター1100への乗り換えを考えていらっしゃると言う

話しを聞けば、
楽なポジションでロングキャンプツーリング、奥様を乗せてタンデム走行、積載量のアップ、オーバー100での高速クルージング、等など、使用目的・理由など自分と重複する部分が多々。

それならば、ドラッグスター1100~ロードスター1700へ乗り換えた自分の経験が役に立つと思い、その経緯などをお伝えした

あの時のKawasaki乗りさんがこのブログを観ている可能性は限りなくゼロだろうが(笑)あえてもう一度、言わせて頂こう!

ドラッグスターより、絶対ロードスターにした方が後々、後悔は無いと思います!
理由はあの時お話した通りですが、一番のポイント『ドラッグスターには無い、あと1速が有りますよ!
※実際はどちらも同じ5速なのですがギア比の違いで※

勿論、自分はロードスターの設計や製造に携わった人間でもないし、ヤマハのセールスマンでもありません

こういう特性を持つエンジンを積んだいて、こんな形をしたバイクを○○円、お金を払えば貴方の物になりますよ!と、全く見ず知らずの他人が設計~構造~性能まで全部決めて完成したバイクを納得して自分の所有物としているだけの事ですから(←意外とこんなとこはドライな自分です)

なのでロードスターが1番素晴らしいバイク、などとは決して思っていませんし押し付けるつもりもサラサラないです!

ですが自分の経験上、ドラッグスターをお考えならば、金銭的にもうチョット頑張って、タマ数少ないですが、程度の良いロードスターが見つかるまでお金貯めてみる方がよろしいかと思います

少なからず不満が出てくるのは想定出来るので、乗り換えなどになると結局余計に出費してしまう可能性大です

以上、私の経験談です(笑)

取り敢えずは今の相棒、Kawasaki大事にしてあげてください♪
東北はコレからも頻繁にお邪魔すると思います。
また何処かでお会いできたら嬉しいですね♪
今度はお互い、後ろに奥様(彼女)を乗せてタンデムバイカーでお会いしましょうか(深礼)


談笑後、一風呂浴びて、テントへ戻ります

食材調達とお風呂だけの用事のつもりだったが思いがけない出会いがあって時間が遅くなってしまった…。
けど、本当楽しかったなぁ♪一期一会の出会いとなるだろうけど、本当に楽しかった♪
こんな出会いがあるからバイク旅はやめられないんですよねー!

Kawasaki乗りさんは、道の駅で1泊してしまうそうな。。
思った通りのキャンプ上級者でした(笑)

初心者に毛が生えたレベルの自分はキャンプ場で、先程スーパーで買ってきたプチ贅沢『国産黒毛和牛』を焼いて食べましたとさ(←いやいや十分贅沢してるぞ!M子さんにバレたら『一人で食ってるなんて…!』って怒られそうだ…)

ちなみに8月の真夏でも焚き火でファイヤー!!
先程のKawasaki乗りさんとの出会いといい、キャンプ場で話した横浜ナンバーのトライアンフ乗りさんといい、もりっこの里もバイクのソロキャンパーさん達が各々、至福のひと時を楽しんでいる

ファミリーのキャンパーも近くにいたが、親のしつけがシッカリしているのであろう。奇声を発するような事はなく楽しい笑い声は、むしろ心地良く聞こえて来て、こっちも何となく楽しくなってくる♪

一期一会で見ず知らずの人々達との、距離をとってのコミュニケーションだが、立派な大人としてお互いを尊敬の目で見れるのは喜ばしい事。

あらためてまた確信した!キャンプはいいー!!


【 三日目の朝を迎える 】

昼間は結構気温が高く、『暑くて眠れるかな。。。?』などと心配してたが、夜になると涼しくなって、シェラフは下に惹いた状態にして寝たが、夜中は少々肌寒くシェラフをちゃんと被るくらいでした

快適に眠れたお陰で夕べも爆睡。気持ち良い朝を迎える!今日も天気は何とか大丈夫そう。

さて!今日は自宅への帰路ルート!

目覚めたそうそう家に帰りたくない病に苛まれる(誤解のないよう、別に日常生活に不満がある訳ではない)
よくある事で、環境の変化に満足し現実に戻りたくない!言わば現実逃避の一種です(笑)

誰も見ていなければ子供のように、土の上でゴロンゴロンしながら駄々をこね『帰りたくねーよ!!』と泣き叫びたい心境である(爆)

頭の中は
もう一泊してしまおうか!とか、これから南下するのではなく、太平洋側まで横断ルートを走ろう!とか、…などと考えながら…。

朝飯用のパンと、夕べの残りの肉と卵、スパゲッティを食べ切る!

……『しょーがない…。現実世界に戻る時間か…。帰るべ!!』

新潟~山形~福島2泊3日キャンプツーリング【3日目】へ続きます!(深礼)