さぁ!行こう=最高!非日常的な大開放空間へ!2019-GW 北海道バイクツーリング!⑥【6日目】紋別かつうら旅館→巨大なカニの爪像→サロマ湖経由で能取岬→斜里町の天に続く道→大絶景の多和平キャンプ場へ!

【標茶(しべちゃ)町の多和平キャンプ場】展望台からの朝陽が絢爛華麗で究極の癒し空間です!

明けて本日は5月2日
北海道ツーリングも6日目(道内5日目)となります。

朝方、ポツリポツリと雨が降っていたが出発の頃には止んで走り出しには問題なさそう。
雲は多いが予報では次第に晴れてくるらしいので信じよう!
一晩お世話になった『かつうら旅館のご主人』に見送られ出発です

紋別市かつうら旅館について

ご主人さんから聞いた話だと此処、紋別で旅館を始めてもう60年になるそうです(驚)
さすがに60年も続けられていると建物の外装や内装も老朽化してくるものですが、昔ながらの雰囲気を残しつつ所々リフォームを施し現状維持されているようで。

お風呂や洗面所、トイレなども綺麗にリフォームされていて、地味な外装(…失礼)とは裏腹に内装の充実ぶりには十分満足レベルで快適に過ごせました(お世辞や過大評価抜きで本当に綺麗でした!)

料金も旅ライダーに優しい設定だし、紋別市内に在る立地条件の良い場所なので『漁港の街:紋別』を散策するにも適した良い旅館です。紋別を宿泊地とした場合は是非お立ち寄りください。おすすめです。

先ずは直ぐ近くの『カニの爪像』見学から大目標の『天に続く道』を体感!摩周湖を経由して大自然の絶景キャンプ場、多和平を目指します!

それでは本日のルートです。

紋別市で一番の立ち寄りスポット!巨大なカニの爪像

オホーツク流氷科学センターの直ぐ隣に建つ『巨大なカニの爪像
他に何がある訳ではないのですが(笑)海沿いに悠然と立つ巨大なカニの爪は存在感抜群で写真撮影スポットとして有名な場所ですね。
触ってみると、しっかりとした造りでかなり頑丈そうなので、これならば海風にもびくともしないでしょう!
何気にインパクトのあるカニの爪像は紋別の象徴的存在ですね♪お通りの際は是非処の立ち寄りスポットで一枚如何でしょうか。

さぁ!雲がびっしりで雨雲もみられますが…。
今日も楽しく元気で走りましょう!
サロマ湖】を通過!

旅館泊で気力も体力もフル充電完了!
同じことを書いてしまいますが…『本当、旅館の布団は最高でした!』なんであんなに気持ちイイんですかね(笑)
旅の疲れがたまってた…ってのも勿論あったんでしょうが、布団に横になったら即撃沈…小鳥のさえずりで目が覚めた清々しい朝でした(笑)
道の駅サロマ湖』で小休止

一見して『此処って海じゃねーの?』と勘違いするほど巨大な湖のサロマ湖。
観光客にも人気のスポットで、道の駅も大勢の観光客で賑わっておりました♪

ライダーも多くて皆さん其々の目的地へと向かう途中の休憩所として利用される方が多いんですね。

ツーリング後に友人Sちゃんから聞いた情報なのですが、オホーツク海を南下してきて此処、道の駅サロマ湖から更に約3.5㎞先位に『㈱北勝水産 販売部 直売店』と言う激ウマなホタテバーガーの直売所があったらしいです。

此処、道の駅サロマ湖で休憩していた時、出発直前に急に土砂降りの雨が降ってきたので必死に雨から逃げようとして(笑)自分達は見逃してしまったみたいです…(不覚)
『サロマ湖のホタテバーガー』…これも次回の外せない課題に追加決定です!(笑)

国道238号線から道道76号線(網走公園線)で網走:能取岬へ向かいます!

遠くに微かに見えるのが『能取岬の灯台』です。
目的地目前なのですが、ちょっと此処で小休止

此処までの能取湖をグルっと一周回るように走る国道238号線と道道76号線、湖を眺めながらのクルージングは最高に気持ち良いです♪

能取湖の湖畔にもキャンプ場『レイクサイドパーク・のとろ』があります。
しかし、キャンプ場の利用期間は6月1日~9月30日となっているのでGWに利用しようと考えている方はまだ閉鎖しているので注意が必要ですね。

能取岬って人気ないんですかね?(←そんなハズはないと思うけど…)
行き交う車もまばらで独占道路でした!
悪くないです♪こういうの!(笑)
人が多いサロマ湖よりも個人的にこっちの方が断然好きです♪
唯、意外に『ちょっと能取湖を眺めたいな!』と停車するような場所が無かったのが気になりました。
オホーツク海を眺望するビューポイントが道道76号線には一か所だけありましたが、能取湖を止まって眺めたいならば国道238号線沿いにあった駐車場か、GWは閉鎖中だったレイクサイドパークのとろ、しかなかったような気がします。

能取岬の駐車場に到着です!

雨は既に上がっていますが雲が多い状況です。

しかしそれでも到着した時はまだ晴れ間もあり、視界も良く遠くまで見渡せたのですが…!?此処でも学習しました!
岬の天気は5分で変わります!』(笑)

事前調べなしで知らなかったのですが、帰ってから『能取岬』で検索してみたら動画を発見!
人気アイドルグループのロケ地としても有名な場所だったんですね。
JALの先得も良いけど…バイクはもっと最高ですよ♪(笑)

道の駅 流氷街道網走で昼食

天候が急変して最後はバタバタになった(笑)能取岬でしたが、それでも到着直後は素晴らしい景色を一望できたので十分満足でした!

そのまま道道76号線を網走市方面へ走り、途中で見かけた『道の駅 流氷街道網走』で昼飯としましょうか!

オホーツク海の抜群の景色を窓から眺めながら、此処は”海鮮丼”をチョイス!海産物は間違いなし!な美味さでした。
M子さんはおすすめ人気のメニューとあった『ナンとか…ちゃんぽん(←忘れました…)』を注文したのですが…!?
さすが初物注文失敗率が抜群の高確率でクリーンヒットするM子さん!北海道でも勿論覚醒!やってくれました!
……それにしても、これが人気メニューだったとは……。人の味覚とは其々違うものなんですね。。
……うーん。
やらされてる感満載です(笑)
サロマ湖の道の駅でM子さんが顔出してたので、此処は自然と自分に順番が回ってくる…って訳ですね。。

唯、この道の駅からの眺めは最高です!
目の前には『網走川』遠くには『オホーツク海』を一望出来ます。
道の駅敷地内にちょっと座れるようなベンチとかもあるので、そこで軽食やコーヒー飲んだりしてまったりするのも良いかも…です。

ですが…!?
流氷観光砕氷船の発着ターミナルと道の駅を兼ねる施設として、砕氷船が運行している冬季は特に大勢の人が利用されているみたいです。
市街地にあり、お土産施設の充実ぶりも素晴らしいので観光客も多く混雑しているので、ライダーにしてみれば居心地はイマイチ…かもしれません。トイレ休憩程度で済ませる方が無難かなと思います

国道244号線→国道334号線と繋いで斜里町の『天に続く道』へ!

網走を抜け、続いては知床方面へ!斜里町の『天に続く道』に向かいます!

ちなみに今回は”知床”へは行きません。……行こうかとも思ったのですが、どうにも天気が悪そうなのです。天に続く道を通った後は知床へ向かうのが王道ルート(その逆、知床→天に続く道もありです)かと思いますが…。
雨雲レーダーで予報を見ると『これから向かっても霧(もしくは雨中走行)で景色が全く見えない!』可能性大なので此処は苦渋の決断で諦める事にしました…残念。

此処も北海道特有の『弾丸ストレート&起伏の激しいヒルズ』に特化した有名な観光スポットです♪
バイクや車で北海道を巡る方は是非、此処は抑えておきたいポイントですね。
真っ直ぐは正義です(笑)

そして今回、痛恨の『目的地選択ミス』だった摩周湖へ向かいます

此処は摩周第三展望台

天候不良を予測して知床をパスしたのは正しい選択だったのですが…!?
※実際に知床から帰ってきたライダーに情報もらって判明しました※

だが、その後が悪い!(笑)
今回の旅も終盤戦に差し掛かり『残りは釧路と帯広を走りたい!』と思っていたので、釧路方面へ此処から南下ルートを選択!途中の摩周湖を観て行こう♪と向かいましたが…!?

以前のレポートで
霧に囲まれた神秘的な摩周湖も観てみたい気もします』…なんて書かなければよかった(笑)

テレビとかで、台風の現場に駆り出されて『現場の○○さん、どんな状況ですか?』と、突風で必ず傘の骨が折れる新人リポーターみたいな状況になっています(笑)

風が強くて帽子は何度も飛ばされるし、霧が濃すぎて道路や階段すら見えないし霧雨で服はビッシャリ…な悪天候。
神秘的な摩周湖🎵』なんて悠長な事、言ってる場合ではないです。湖なんて何処にあるのか全然見えません!
視界ゼロに等しい場所に広がる、死海と死界が100%!

『このまま此処に居てはヤバい!』と、生命の危機を感じたので、即撤退です(笑)
”霧の摩周湖を観たい♪”ある意味、目的達成ではありますが…!?
本日の教訓!『摩周湖は晴れてる時に行きましょう!』(笑)

摩周湖を出発!北海道道52号線(屈斜路摩周湖畔線)を抜けると…!

摩周湖のあいす』と言うお店でアイス食べてます!
雲泥の差』とはまさにこの事ですねー!
ついさっき30分位前まで摩周湖で『うおー!霧でナンも観えねー!霧雨冷てー!』とか騒いでいたのに…。
降りてきたら太陽ギラギラと快晴!冬ジャケ着てるし暑いの何のって(笑)
摩周第三展望台から道道52号線で国道391号線までの約10㎞程度でこの差はいったい何なんですかね!?
此処でもさすが北海道!恐るべし!(笑)

本日の寝床 標茶町標茶の多和平キャンプ場へ向かいましょうか!

コンビニで休憩がてら本日の寝床を探します。

当初、開陽台も寄りたかったので【開陽台キャンプ場】も考えたのですが(どうやら今は閉鎖しているようです)明日以降の目的地は釧路方面!が大前提。
進行方向に適している『多和平キャンプ場』へ行ってみましょうか!
黄昏時も近しなのでお風呂も食材も後回しにして、取り敢えずキャンプINしてテント設営を優先します!
多和平キャンプ場までの道のりですが、画像のように分岐点には案内板が立っているので迷わず行けます!

国道243号線から道道1040号線(弟子屈熊牛原野線)へ!
更に左折して農免道路へ入ります!

道道1040号線も気持ち良いですが、キャンプ場へと続く農免道路が最高に爽快です♪なだらかな坂になっていてキャンプ場へと段々と上って行くのですが、とにかく周りの景色が雄大でテンション上がってきます!これは今日のキャンプ場は期待できますね♪

更に坂を上がると…!?
おぉー!!多分此処ですね。

左側にテントと奥の方に管理棟らしき建物が見えます。
いやぁ!素晴らしい景色の中にあるキャンプ場ですねー!

標茶(しべちゃ)町の多和平キャンプ場に到着!

素晴らしい景観!これぞ大自然!まさかこれ程凄いとは…!?
何から何まで北海道は度肝を抜きますねー!
こんなにも自然豊かで開放感のあるキャンプ場に泊まるのは間違いなく初めてです!
吹き抜ける風が気持ち良くてテント設営を忘れて暫く芝生に寝転がってたりしてました。
※唯、本気て熟睡してしまうとサイトは傾斜になっているので、何処までも転がっていきそうです(笑)

キャンプ場の頂上に展望台があり『地平線の見える大牧場』と書いた看板がありますが、全くもって嘘偽りなしのキャッチコピーです。

『本当に此処は日本なのか?』と少々大袈裟ですが(笑)それくらいの事を平然と言えてしまう程、この爽快感と眺めの良さに気分も浮かれてしまいますね♪

本当に素晴らしい空間なので、過大評価なしで感じた事だけをそのまま書いてはいるのですが、ちゃんとマイナスなところも書いておきます。

先ず!サイトですが『ほとんど傾斜面でフラットな場所はありません!
それでも自分達が選んだ場所(管理棟の裏で隅っこの方)は結構緩やかでマシな所に設営できましたが…。
元々が牧場であり自然のままなので当たり前と言えば当たり前なのですが、サイトの傾斜だけは把握しておいたほうがよいです。
自分も出来る限りサイト内を歩いて見て回りましたが、フラットな場所はまずありません(笑)
どこまで妥協して、後は工夫次第でいくらでも寝れる状態までもっていけると思いますので、それ程シビアに考える事もないかとは思いますが…ね。
それと、気になる人には気になる炊事場とトイレですが、サイトのどの辺りにテント設営するかで距離が微妙に変わりますが、どちらも一つずつしかないので結構歩く事になるかと思います。これも覚悟はしておきましょう(笑)

後、一点マイナス面をあげるとしたら…!?
『風が強い!』…って事でしょうか!
見渡し抜群で遮蔽物は一切無しのパノラマビューなキャンプ場ですので、常に風は吹きっさらし状態です。
自分もテント設営の際、今のテントで初めてガイロープをしっかりと張りました。夜は風も治まりテントのバタつき等も気になりませんでしたが、念の為ペグやロープは予備も携帯していったほうが不意のトラブルにも対応できるかもしれません。

総じて、初心者キャンパーには少々難易度高めで、中級者~って感じのキャンプ場ですね。
唯、傾斜していようが、トイレや炊事場が遠かろうが、風が強かろうが、価値観の違いで変わりますがそんな事は些細な事と思えてしまう大絶景は全てのマイナス面を消してしまいます!
このキャンプ場からの景観は本当に素晴らしい!の一言なのです。

こちらの建物がキャンプ等の受付兼レストランとして食事も出来る『グリーンヒル多和』です

受付を済ませてレストランの店員さんと話していると『今日はビーフシチューがおススメですよ♪18:00位には出来上がるので良ければ是非!』と!

ココまでお勧めされては食べない訳にはいきませんがな(笑)いやいや、決して『今から食材仕入れに出かけるの面倒だなぁ』とか『風呂は明日の朝、入りに行けばいいか…』とか全然考えていませんヨ(爆)

多和平キャンプ場のレストラン:グリーンヒル多和で(柄にもなく)お洒落なディナー!(笑)

グリーンヒル多和イチオシの標茶牛ビーフシチュー

今回の北海道ツーリングで1番洒落た夕飯だったんじゃないかな(笑)
レストランの雰囲気は良いし、料理の方もすべて手作りの独特な味が本当に美味かったです!
人気メニューのビーフカレーも見た目は普通だけど、しっかりスパイスが効いていて自分好み♪手間暇かけて煮込んだルウは絶品でした!
他にも標茶牛のカルビ、ビーフシチューはおすすめだけあって本当、絶品!激ウマでした!
それと手作りパン(3種類位あったかな)も素朴な味で如何にも手作り!って感じでGood♪

そんなこんなで本日も、美味しい料理で〆て北海道ツーリング(道内5日目)は無事に終了です。

最後に!
相変わらずカメラは上達してないので(笑)画像に残せませんでしたが、夜中に目が覚めてテントの外に出た時に見上げた夜空は驚きの光景!
空が広いのは北海道に来てだいぶ慣れてきましたが…!?『星が近い!!』しかも物量が半端ではなく空一面がブツブツ!(←すまない…もうちょっと気の利いた表現をすれば良いのだろうけど…笑)

見た事のない大規模な天然プラネタリウムの迫力は感動モノでした!
この夜空を見に来るのが目的のキャンパーさんも多いと聞いてたが納得です!
この【満天の星】だけは、画像や動画でいくら見ても、現実の迫力と優雅さは伝わらないでしょう…。
機会があれば是非、リアルで観に行ってみてください。

多和平の夜空を見上げて思った事は…!?
感動した…!驚いた…!素晴らしい…!等、色々とファーストインプレッションの言葉が浮かぶのですが、1番強く思った言葉は『ありがとう』でした。神々しい多和平の星達に感謝!!

さぁ!行こう=最高!非日常的な大開放空間へ!2019-GW 北海道バイクツーリング!⑦【7日目】へ続きます(深礼)