良質キャンパーが集う聖地へ再び!魚沼スカイライン→野沢温泉村→カヤの平高原キャンプ場へ!快走山岳・志賀高原道路で野生動物との遭遇!【前編】

幻想的なカヤの平高原キャンプ場の夕暮れ時

【前書き】
久しぶりの更新となります

2019年、今年も尋常ではない夏の暑さでバイク乗りには厳しすぎる日々が続きましたね…。

かく言う自分も、休日にバイクのメンテ等はちょこちょことしていましたが…。
厳しい酷暑が続く今夏は実走するのも覚悟がいるレベルで(笑)暫くキャンプやツーリングから遠のいておりました…。

これ程バイクに乗らない期間が空いたのは始めてかもしれませんね。
つくづく暑くなる前のゴールデンウィークに北海道ツーリングしておいて、思う存分乗れたのである意味、今年は本当にラッキーだったと思います。

9月に入りピーク時よりはだいぶ暑さも落ち着いてきた感も出てきた今週末(7日、8日)
思えばゴールデンウィーク以来のバイクでの出動!

久しぶりのキャンプツーリングを楽しむとしましょうか!

さて!前置きはこのへんで!!

台風接近で、お天気が怪しい今週末(2019/9/7~8)ですが、自分の地元近辺は日曜日の夕方位までは予報では大丈夫そう。
一応、雨具は用意して(結果的には最後まで雨には降られませんでした♪)久しぶりのキャンプとバイクの心地良さを味わいにいくとしましょう!

それでは行き先は!?
個人的なお気に入りのトップクラス、長野県の山中に佇む良質キャンパーの聖地『カヤの平高原キャンプ場』へ向かうとします!

今回はSさん、N君、Sちゃん達とは都合が合わず現地集合・現地解散できませんでしたが、タンデマーのM子さんはカヤの平、初訪問なので気に入ってくれると嬉しいものです♪

それでは今回のルートです

先ずは関越道で新潟方面へ!

ではいつもの様に、コンビニからスタートとしましょうか!?
たまたま寄った古河市のコンビニで休憩していると、裏手の奥方に馬?ポニー?達を発見!

今思えばこの時点から、今回のキャンプツーリングは『動物』に縁のあったツーリングの序章だったのでした!
詳細は追々書いていきますね!
北関東自動車道 波志江パーキング

相変わらずのスロースタートな二人(笑)
加えて、久しぶりのバイクタンデム走行、更に目的地が新潟~長野と、航続距離もそれなりなので高速使って一気に新潟まで移動します!

お天気も青空が望める快晴だし、それなりに暑さはまだ残ってはいますが、一時の酷暑に比べれば優しいものです♪他のライダーさん達も同じ考えのようで、さすがに今日はすれ違うバイクも多いですね。

北関東道から関越道本線へと流入します!

気温は若干高めですが、バイクで高速走行するにはまずまず快適さも感じられます

唯、『新潟は涼しい』と言ったイメージは既に昔の話で、今は関東地方と遜色ないような気はしますね…。
群馬県の渋川伊香保ICを抜けた辺りから、交通量もグッと減ってきて走りやすい状況となってきます!風景やサプライズな出来事は期待できませんが、時間短縮にはやはり高速道路は便利ですね♪

しかしながら…!?
我慢に我慢を重ねてきましたが(笑)
やはり単調な走行が延々と続く高速道路は飽きてきますね…。

この先、関越トンネル手前の『谷川岳P』で休憩としましょう!

関越自動車道 谷川岳PA(下り)

お昼時だったせいもあり、バイクの駐車場は満員御礼!
本線入り口方向に木陰があったので、此処で休憩がてらPA内のフードコートで質素ではありますが(笑)昼食も済ませていきましょうか!

気温は……?
確か…25℃位あったとは思いますが、風がやっぱり8月とは違いますね!ちょっとだけですがひんやりとした秋風を感じました。この調子で涼しくなってもらいたいものですね♪

関越道 塩沢石打ICを降りて県道560号線:魚沼スカイラインへ!

最初の目的地:魚沼スカイランは初走行となります!

地図で見るとなかなか面白そうな道かな?と、県道560号線を進みますが…!?
……???
なんだかスゴい田舎道に入ってきた感じです(笑)
『此処であってるんだよなぁ…。』と少々不安になってきたものです
※帰ってから地図で走ってきた道を調べたら微妙に県道560号線からズレてました…まぁ…初走行アルアルですね(笑)

左が県道560号線 八箇峠!右が県道76号線 十二峠!

どうやらなんとか軌道修正できたみたいです!
此処を左折して魚沼スカイラインの走行に戻ります!

地元の人間しか絶対に通らない様な生活道路に迷い込んでしまい、一時はどうなるかと思いましたが(笑)
それはそれで思いがけない発見があったりして楽しいものなのですが…!?ここは離脱して快走山岳道路を堪能するとしましょうか!!

魚沼スカイライン 十日町展望台

展望台と言っても、階段を上って高台になっているだけなのですが…(笑)
売店は勿論、自販機等も置いてない(←こんな山の上にある訳ないか…)砂利の駐車スペースがある本当に質素な場所ではあります

それでも、見渡すのどかな田園風景はほっこりとさせてくれます♪

道路の雰囲気から
『えっ?この道のどこがスカイライン』とツッコミどころ満載なルートですが(笑)
確かにスカイ(空)もライン(線)もしっかりありますね(爆)

写真だとこんな感じですね

動画の方が一望できるので伝えやすいのですが…。
展望台には他に何もなく、景色を楽しむだけですが、山々に囲まれた町や田畑を眺めてるのもなかなか良い体験にはなりますね。

唯、風が吹き抜けで強風をもろに受け続けるこの場所には長居はしていられないかもです(笑)
ライダーも数多くすれ違いました!

道幅も狭く、路面状況はお世辞にも”良い”とは言えませんが(失礼…)アップダウンが多く、緩やかなカーブが連続するのでバイク乗りには楽しい道かもしれません!

 

魚沼スカイライン(初)走行 インプレッション

一度走っただけの素人インプレですのであまり参考にはならないとは思いますが…。

どうなんでしょう…?(笑)

自分はこういうマイナー系の山道は好きではありますが、万人向け…と言う感じの山道ではないかもです。
地元や近県のライダーが走りを楽しみにくるには最適なコースとは思います。

なので、遠方からわざわざ…ってイメージはわきませんでした…(←辛口で申し訳ないです…)
自分の地元にも『筑波山』等があったりして”気軽に走りに行ける!”感覚と似ているかもです。

唯、これからの季節の魚沼スカイラインは『紅葉』が素晴らしくなる事が予想されます!
※雪が舞う前の10月下旬くらいが見ごろでしょうか
見晴らしも良いですし、道路の両脇の木々が紅葉した中を颯爽と走り抜けるのは格別かもしれませんね♪
紅葉の時期を狙って訪れてみるのも良いと思います!

野沢温泉村へ!

カヤの平高原キャンプ場は奥深い山の中ですから、到着してテント設営後に下山して、食材調達や温泉は時間も労力もかなり無駄な行動になります

キャンプin前に『野沢温泉村』がありますので、時間的には早くなってしまいますが、こちらで温泉に入っていきましょう!!

有名な温泉街ですので、大衆浴場からホテルの温泉まで、たくさんの浴場がありますから予め決めておいたりしないと正直、何処へ行ったらよいのか悩んでしまいますね(笑)
時間的に余裕があれば、温泉街をぶらぶらと散策してみるのも楽しみ方のひとつかとは思いますが…!?

毎度のことながら時間ギリギリのキャンプツーリングをしている自分は(笑)前回同様に『ふるさとの湯』にしました!
相変わらずの綺麗な風呂場で泉質も内湯と露天では違うらしく、間違いなし!!ってとこですね♪
ふるさとの湯が駄目な訳ではないですが(安定して間違いない温泉場です)次に訪れた時はまた違う浴場にチャレンジしてみるとしますね!

さぁ!温泉でさっぱりして暫くまったりしていたいところですが…先を急がねばなりません!
次なるミッション、食材調達してキャンプ場へ向かいます。

A-COOPみゆき店で食材調達!

カヤの平を目指す時は、野沢温泉→エーコープみゆき→カヤの平 がすっかり定番ルートになってます(笑)
加えて、定番メニューの『ジンギスカン』もゲットして(←美味いんですよコレが!)

黄昏時近し!
さて!日が落ちる前にカヤの平高原めざして、もうひとっ走り頑張ります!!

カヤの平高原キャンプ場に到着!

ハイ!お疲れさまでしたM子さん!
久しぶりのバイク&オーバー300㎞はお互い疲れましたねー!(しかしながら心地良い疲れではあります♪)
疲労困憊して寝転がってるところ申し訳ないが(笑)あとひとふんばり、家を建てる作業が残っておりますヨ(笑)

それにしても…やっぱり良い環境ですね♪カヤの平!
正確に数えてはいませんが、他にも車やバイクでのキャンパーが10組位、設営されていたようです。
さすがに管理棟、トイレや炊事場に近い利便性の良いポイントは既に空いてませんでしたが、サイトの一番奥が空いていたのでこちらに決定!

一番奥の隅と言っても、目前にはしっかりと牛達がお出迎えしてくれてます♪

この自然豊かな癒しの環境♪やっぱりカヤのは良いですねー!
携帯の電波は届かない場所ですが(管理棟前は繋がります)
このような自然豊かな環境の中に居ると、別にスマホがなくても問題ないと思いますね(常に連絡がとれないといけない職業でもないですし…)
自分が普段、如何にスマホ等のデジタル機器に依存しているかを見つめ直すよい機会にもなりますね(笑)

良い感じで日も暮れてきました!

木々に囲まれた山の中に居るのに、沈む夕日はとにかく綺麗です♪
この後、一番先頭の画像のように真っ赤に染まった空(トップの画像は色の加工等はしてません)が素晴らしく映えました!
大自然の織り成す幻想的な風景に感謝!!

初日の今日は久しぶりのキャンプツーリングでもあり、
目的地の此処『カヤの平高原キャンプ場』までの距離もそれなりにあり、魚沼スカイライン野沢温泉村等の寄り道もあり、キャンプ場への到着時間は、毎度のごとく遅くなってしまいました…(笑)

日が暮れて夜遅くなると、牛達は柵で区切られたテントサイトからは離れた遠くの方へ行って、皆で寄り添うようにして就寝モードとなりました。

人間に対して全然抵抗なく近寄ってきますが、やはり寝る時はある程度距離を置いて優雅に休みたいのでしょう♪カヤの平のアイドル的存在の牛達ですから、多くの人間にカメラや視線を送られて今日も一日お疲れだったでしょう。ゆっくり身体を休めてくだされ!

夜の気温は20℃を下回るくらい。湿度は約60%でまずまず快適(50%あたりがベストでしょうか…)に天然クーラーで過ごせました。
この時期でも一応、蚊取り線香は持っていったほうがよいですね。標高の高い場所ではありますが、周りはブナ林ですし当然、蚊もいます。

2019カヤの平高原キャンプ場 現状豆知識

それと…自宅に帰ってから気づいたのですが、『ダニが大量発生』しています!
※これに関しては管理棟やロッジ等に注意や対策する為の看板が立っています※

刺された時の感覚は全くなく、家に帰ってから膝から下がパンパンに腫れていて(笑)
おそらく牧草の中を素足にサンダルで歩いていたときに刺されたものと思われます。

他にも、肌を露出した状態で草の上で寝転んでいたり…思い当たる節がありすぎて…(笑)
元々が牧場なのでダニやノミが居て当然と言えば当然なのですが…。

前回、カヤの平に来た時と状況は変わってないはずなので、もしかしたらテント設営した場所に問題があったのかもしれません。前回は管理棟近くのポイントにテント設営したので、人や車やバイクが頻繁に行き来する場所で雑草も少なめな所でした。

今回はトレッキングできるブナ林とは真逆の、山側の隅っこに設営したのですが、こちら側にテント設営する際は、まったりする時を含め、炊事場やトイレに向かう際に歩く時は長ズボンと靴下・運動靴は必須アイテムにしたほうが予防できるかと思います。

二日ほど腫れと痒みがありましたが、家に帰ってから気づいた程度なので、特に大事には至りませんでしたが、刺された形跡が気になる方は一応、医者に診てもらうのが賢明かもしれませんね。

M子さんもキャンプ場に着いてからは素足にスカートだったので、やはり膝から下は刺されたらしく、痒がっていたので『一応、医者に診てもらっては?』と言ったのですが
今、白血球部隊が必死にダニウイルスの侵略を阻止しようと戦っているから大丈夫だ!!
…と、銀魂に出てきた白血球王みたいなセリフを吐いているので……!?

勇ましいんだか?不思議ちゃんなんだか?…謎ですが…まぁ…大丈夫なんでしょ!!(笑)

その後
自分もM子さんも二日間くらいは軽度の腫れと痒みが続きましたが、そのまま経過待ち状態で約二週間経ちました。

刺された跡はまだ残っていますが、特に医者や薬に頼らずにHP回復で(笑)ほぼ完治となりました!

M子さんの言う通り、どうやら己の身に宿る白血球部隊がダニウイルスの侵略を阻止し防衛に成功したようです(笑)めでたし♪めでたし♪

ダニやノミ刺され等はキャンプに限らず、アウトドア活動が好きな方は誰でも遭遇する機会は十分あります!
今回、自分達は軽度だったのかもしれませんし、軽く見てると思いがけない感染症を引き起こす可能性もあるそうです。
刺されないように予防が第一ですが、もし刺されてしまって症状がはっきりと、気分が優れない等が現れるようならば、ちゃんと医療機関での診察をされる事を推奨しておきます!(←説得力まるでゼロですが…笑)

そんなこんなでキャンプツーリング初日は之にて就寝です
(上記した通りこの時点では、二人ともダニに刺されたことなど全くわかっておらずに爆睡です 笑)

この時期のカヤの平高原の夜は肌寒さを感じるくらいに涼しくて快適な夜でした!
夜中に目が覚めて、空を見上げると…!?眩い星の煌めきが素晴らしい♪

さて!
明日は予定では『星峠の棚田』を見て帰路の予定でしたが、急遽予定を変更して定番コースですが『志賀高原道路』を通って帰路へと向かいます!

良質キャンパーが集う聖地へ再び!魚沼スカイライン→野沢温泉村→カヤの平高原キャンプ場へ!快走山岳・志賀高原道路で野生動物との遭遇!【後編】へと続きます(深礼)