転ばぬ先の杖!運命的な出会いはある日突然に…ならばwelcomeだが(笑)イグナイターのいきなり故障はNo thank you!交換しておきましょう!

ネットでググると『イグナイターの交換時期目安は70000㎞くらい…』とか書いてあるのが結構ありますね。
自分のバイクは今、90000㎞走っているが平気だぞ!』と言いたい自分だが(笑)走行距離はあくまでひとつの目安としての手段であり、例えを上げると『食品の賞味期限や消費期限』のようなものと考えてもよいのかもしれませんね。

賞味期限がきれたから『もう絶対に食べられない!』…って訳ではありませんね。
同じ例えで『70000㎞走ったから役目を終えました♪突然死します!』…って壊れる訳でもないってことです(笑)

70000㎞って数値が如何なる方法や理論ではじき出された距離なのかは分かりかねますが、此処はひとつ、この数値を信じて更に20000㎞も上乗せして走れて運が良かった♪と考える事にしましょうか!?

では!イグナイターの交換といきましょう!
取付、取り外しはボルト2本とカプラーのみで素人でも全く問題ないレベルです。
難しい事は特にないですが、カプラーにはズレ防止の『爪』があるので、ひっかかりを外してからの脱着となります
※力任せに引っこ抜くのはNGです

バイク用品等は価格の安い中華製品に結構、お世話になっている自分ですが(笑)バイクにとって動力の核となる重要な役割を受け持つこのパーツだけはケチる訳にはいきません!

信頼の純正部品にしておいたほうが間違いないでしょう!

右が90000㎞使用したイグナイター
左が新品のイグナイターです

…外観は、今まで散々使ってきただけあって使用感はそれなりにありますが、外見だけでは経年劣化しているとは全然わかりません。肝心なのは中身なのでやはりここは交換が無難でしょうね。

とにかく今までトラブルなく働いてくれてありがとう!
このまま引退させるのも不本意なので、これからはメインは新入りに任せて、緊急時のサブにまわってくだされ(笑)

イグナイターの故障って『前触れなくいきなり突然』襲ってくるそうです

厳密に言うと『バイクの調子が悪いのだが原因が不明』って感じに陥った時はイグナイターを疑ったほうがよいらしいですけど…ね。
街中でいきなり心肺停止されるのも困りものですが、山の中のキャンプ場や峠道などで突然故障されたら…もうお手上げですね。道具満載で軽く400㎏オーバーの車体を押して歩く…なんて考えただけでゾッとしますね…(てか、押して歩くなんて気にまずなりません)
そもそも押して街中に出ても、ホームセンターやガソリンスタンドにイグナイターが売ってる訳でもないですし…(笑)

タイトルに書いた通り『転ばぬ先の杖』の意味も込めて、それなりに走行距離が伸びてきた車両ならば”新品に交換してしまう”または”予備をバイクに積載しておく”とかして対策しておいたほうが、幸運、不運に左右されずに安心してツーリングを楽しめるのではないでしょうか!

それでは之にて(深礼)