道の駅 立ち寄りレビュー東北編【ふるどの 流鏑馬の里 おふくろの駅】

一見すると疑いなしに「おふくろの駅」とそのまま駅名を読んでしまいそうですが、
正式名称は「ふるどの 流鏑馬(やぶさめ)の里 おふくろの駅」となります

流鏑馬(やぶさめ)とは…
疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式の事を指します

当初、馬を馳せながら矢を射ることで、矢馳せ馬(やばせうま)と呼ばれていたが、やがて「やぶさめ」と呼ばれるようになったと言われています

福島県の重要無形民俗文化財として毎年10月の第2日曜日(本祭)と前日(宵祭)に行われる古殿八幡神社例大祭で披露される流鏑馬大会秋の陣』等も開催され、流鏑馬の後継者の育成を目的としたこちらの祭。

お時間許すようならば訪問されては如何でしょうか!?
 

おすすめは地場産品とおふくろ食堂

農産物や山菜類はこの地域ならではの新鮮な食材が農産物コーナーに並んでいます
採れたて新鮮な野菜をリーズナブルに購入できるので、人気の品は売り切れている可能性もありますので、お目当てがあるようならば早めに訪問されるのが良いかと思います

おふくろ食堂のイチオシ人気メニュー「おふくろそば」

自慢の地場新鮮野菜を使った天ぷらと、手打ちのそばのセットです
筆者もいただいてみましたが…
「道の駅の食事と侮るなかれ!専門店に引けを取らない美味」と称賛しました
やはり手打ちのそばは美味しいです。しっかりとコシがあって歯ごたえが良く食欲をそそります
天ぷらもサクサクしていて地場野菜の旨味がしっかりと生きている感じでした

他におすすめは「ゆず味噌田楽」がちょっと小腹を満たすくらいでしたら手軽に食せて、休憩の合間等に良いかと思います。

アクセスルート

国道349号線(いわき石川線)沿いにあります

小野町方面からだと左側で
矢祭町方面からだと右側になります

矢祭町方面からのアクセスだと右側になるのですが、道の駅への入り口付近が緩い右カーブになっていますので、入場と退出の際は行き交う車に注意して走行された方がよろしいかと思います

道の駅の規模としては「こじんまりとした小さな道の駅」と言った感じですが、食事や軽食、地場産品(珍しい野菜もあり)とかなり充実した内容が濃く、ゆっくり休憩できる施設になっています

付近までお越しの際は是非一度、訪れてみては如何でしょうか!?

基本情報

道の駅名ふるどの 流鏑馬(やぶさめ)の里 おふくろの駅
所在地〒963-8306 福島県石川郡古殿町大字田口字平舘25
TEL 0247-53-4070
駐車場 大型:5台 普通車:43(身障者用2)台
営業時間9:00~18:00 毎日営業中 《休み 年末年始》
EV充電スポットあり