道の駅 立ち寄りレビュー関東地方編【グランテラス筑西】

グランテラス筑西 正面のイベント広場から

北関東最大のグランドステーション!

キャッチコピーに偽りなしの、広大な敷地(約47.709.36㎡)に様々なお店や施設が立ち並んでいます

昨年(2019年)の7月11日にOPENしてから週末には混雑必至な人気の道の駅です

グランテラス筑西 基本データ

道の駅 グランテラス筑西 概要
アクセス国道50号バイパス沿い(国道294号線 中館西交差点から約5分)
都道府県茨城県
〒 所在地筑西市川澄1850
営業時間9:00~19:00(6.7.8月) 9:00~18:00(それ以外の期間)
定休日毎月第3水曜日、1月1日、1月2日
TEL0296-45-5055
駐車場361台(大型車/43台) バイク駐車場:あり
主要施設総合案内所・フードコート・農産物・物産直売所・ベーカリーズキッチン・キッズスペース・ドックラン・バーベキュー・ローソン・StarBacks・コインシャワー・ランドリー完備

一日中遊べる施設が充実

近年オープンの道の駅は「単なる休憩施設」から「遊びや食事・地域の物産等を楽しむ空間」へと変化しています
今回、筆者が訪れた『グランテラス筑西』もご多分に漏れず、最新の各施設の充実ぶりや景観は想像以上に素晴らしいものでした

先ずはファーストインプレッション!
昨年オープンしたばかりの道の駅なので、全てにおいて「真新しい」ですね!

立地的に、車で来場される方が圧倒的に多いかと思われます
駐車スペースは道の駅内の施設を取り囲むように設置されていますので、訪れるお目当ての施設が決まっているようでしたら、施設やお店近くの駐車スペースを目指して駐車されると良いかと思います。

道の駅正面の駐車スペースは来場客が集中しやすく自然と満車状態になったりしますので、分散する意味でも左右に広がった駐車場を有効利用した方が駐車待ちの時間をかけずにスムーズに駐車するコツですね

バイク駐輪場
筆者を含め、バイク乗りならば駐車スペースの有無は必ずおさえておきたいポイントです

更に、バイク専用スペースに「屋根が有る?無い?」のも重要なポイントです

天候の変化をダイレクトに受けるライダーには「真夏の直射日光」を遮り、「急な大雨」等で駆け込むように訪れるシチュエーションも必ずと言ってよい程あります

グランテラス筑西のバイク置き場には立派な屋根が設置されていますので、安心して休息出来ますし、雨宿りも可能です

フードコートも施設内に点在して充実していますが、バイク置き場の目の前にコンビニ(LAWSON)とトイレがありますので、ライダーにとって便利に利用できますね
 

ベーカリーズキッチン Ohana

筆者が訪れたのは夕刻(16時頃…)でしたが、店内のパンは半分以上は売り切れ、または品薄の状態でした

それでも店内はトレーにお気に入りのパンを載せてレジを待つ行列ができている状態でした…。
種類も豊富で個性的なパンがずらりと並んでいますので、こちらの道の駅に訪れた際は是非立ち寄ってみてください。

おすすめのベーカリーコーナーです[ads]

フードコート・らーめん桜

昔ながらの素朴な具材と味の「下館らーめん」がおすすめです
下館ラーメンがベースの「ワンタンメン」も普通に美味しかったです
あっさり醤油味で、後味すっきりでした。

筑波山を一望できる芝生広場

こちらのエリアは多種多様な催し物や、遊具、ドッグラン、バーベキューなどを楽しめます!
本格的なスラックライン設備もあり、ファミリー向けに憩いの場となっています

スラックラインとは…?
スラックラインは現在、多くのメディアに取り上げられ徐々に知名度が上がってきています

細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむ遊びのひとつです

バランス感覚や集中力などを鍛えることができると、他のスポーツのオフトレーニングとしても幅広く使用されています

まずは立つ練習から行い、立てるようになれば足を入れ替えることで歩くことが可能となります

この時に勢いで歩くと踏み外して転けてしまう場合があるので注意が必要ですね(Wiki抜粋)


二点間に張り渡した専用ラインの上で楽しむスポーツの名称、もしくはその器具を指しラインの上で自由にパフォーマンスする新感覚スポーツとも言われています

土日・祝日には初心者向けのラインが設置されることもあるようなので、日頃運動不足がちな方などは見かけたらお試しでバランス感覚を養ってみるのも楽しそうですね

細かい配慮の渡り廊下デッキ

一見、何の変哲もない普通の階段なのですが…!?

一段一段の高さが低く、縦幅も長くとってあり、その分なだらかで歩きやすい構造の階段になっています
何故、こんな形の作りに…?
と疑問に思いましたが、直ぐに理解できました!
このエリアは「子供達の遊び場」と言っても過言でない、自由に走り回って遊べる空間なのです

こちらの渡り廊下デッキも子供達にしてみれば格好のスペースらしく、はしゃぎながら渡り廊下を夢中で駆け回っておりました

あくまで筆者の憶測の域ではありますが、そんな子供達の行動も想定して、安全に走り回れる階段として設計されたのでは…?と、そんな気がします。

立地的には…ちょっと微妙…。

個人的にちょっと残念(マイナスポイント)なことも書いておきます

昨年(2019年)オープンしたばかりで、広大な敷地に様々な楽しみを満たしてくれる道の駅「グランテラス筑西」なのですが…。

筆者が、気になるところをひとつだけ記しておきます
それは…所在地が『道50号下館バイパス沿い』であることです!

例えば…!?
「遊び・仕事・所用等の途中で道の駅に寄る!」を前提にして考えてみます!

都心から地方へ…またはその逆もありですが、主要道路としては国道4号線・国道294号線・国道6号線あたりがメインの国道になるかと思います

グランテラス筑西の所在地は、国道294号線を走行していると仮定して、主要道路から右左折して約2.4㎞くらい進まなくてはなりません
この約2.4㎞を長いと感じるか、短いと感じるかの差で感覚は違ってくるのでしょうが…。
特に目的もなく「ちょっと休憩したい…」だけならば、わざわざ往復約5㎞を要して向かおうと思う方は少ないのでは…?
※逆にグランテラス筑西の施設や食事・農産物直売所など、道の駅がお目当て目的である場合は距離的な問題は発生しないですが…。

国道50号下館バイパスも十分な幹線道路であり、今後は更に発展していくのでしょうが…
地元や近辺の住民はなんの躊躇いもなく行けますが、方向的に客層が限定されてしまうような気がします

現時点では国道294号線の方が圧倒的に交通量は多いのが現状なのです
例えば…グランテラス筑西の場所が国道294号線沿いだったとしたら、もっと気軽に素晴らしい施設や美味しい食事を余計な労力なく味わえたと思うのですが…。

一個人の勝手で些細な不満として記しておきます…。

フォローのつもりではないですが、『周辺を通る機会がある方は往復約5㎞走っても価値がある素敵な道の駅』なので、面倒と思わずに(笑)立ち寄ってみて下さい!寄り道する価値は十分にあり満足されるかと思います!

 総評 

新しい道の駅が誕生し来場するたびに思いますが、最近の道の駅の施設の充実ぶりには驚愕させられます

道の駅のイメージとして
以前の道の駅は「ドライブ途中での休憩場所」または「仲間や友人との待ち合わせ場所」程度として利用されていた方が大半ではないでしょうか!?

しかし、現在の道の駅は
地元の名産品や農産物の直売所の充実ぶり
有名チェーン店の参入
毎月行われる地域の特徴を生かした各種イベント等の開催
地元産の食材を生かした料理や総菜類の販売
遊具や体験プラン、子供達が自由に遊べる広場
コインシャワーやランドリー装備のリラクゼーションルーム
等、一日中滞在しても不便なく過ごせる環境が整っているのが現状です

休憩目的でも十分ですし『旅の目的地のひとつとして道の駅を目指す!』のも楽しみ方のひとつとなるのではないでしょうか!?