バイク専用シートヒーター TEOGONIA HEAT-ON(テオゴニアヒートオン)があれば寒い冬のツーリングでも安心ライディング!

TEOGONIA製のシートヒーターHEAT-ONをタンデムシートへ装着

ライダーにとって寒い冬のツーリングは寒風をダイレクトに身体に受けてのライディングとなり、寒さに立ち向かうも…思うように走れないのも現実です

大雪等で冬の間は路面状況の悪化が激しく、バイク走行は到底無理な地域にお住いのライダーなら冬の間はバイクを諦める選択肢もありますが…。
「寒さ対策」だけ怠らなければ、冬でもバイクツーリングを楽しめる地域のライダーにとってはできることならばオールシーズン楽しみたいところです!

有ると無いでは大違い!バイク用シートヒーター!

寒い時期のツーリングに役立つグッズとバイク装備をリストアップしてみます

重宝する代表的な防寒アイテム 》
フェイスマスク
ネックウォーマー
防風インナー
電熱グローブ
電熱ウェア
オーバーパンツ
使い捨てカイロ 等

《 バイクの装備に関しては 》
ウインドスクリーン
グリップヒーター
ハンドルカバー
ナックルガード 等

上記したアイテムが全てではありませんが(個人個人でアイデアグッズもありますので…)冬ツーリングをする際に防寒対策として効果の高いメジャーなアイテムをピックアップしてみました

一番に気を使うライディングウェア

最近では、筆者もすっかりファンになってしまった「ワークマン」の商品を筆頭にバイクウェア専門メーカー等の防寒ウェアの充実ぶりは素晴らしいものがあります

筆者も以前は「電熱インナーウェア」を冬のマストアイテムとして着用していましたが、アウターウェアの防風防寒性能の向上に伴い、電熱なしでも十分温かく寒さを凌げる様になってきました

唯、「身体の末端部分(両手、両足の指先)を防寒する」にはやはり、電熱グローブ等の「電気により発熱する力」を利用するのが現時点ではまだ最強なのでは…?と思い、電熱グローブだけは使っています

今回は、冬のツーリング時に重宝するアイテムとして重要度は間違いなくトップクラスなのに「何故か存在自体を見逃してしまう」アイテムに注目してみました!

バイク専用シートヒーター TEOGONIA(テオゴニア)社製のHEAT-ON(ヒートオン)

を購入しましたのでご紹介します!
こちらがシートヒーターHEAT-ONの外箱です

箱が少々潰れた状態で届きましたが…。
これは発送前からなのか…?配送業者の扱いによるものなのか…?
不明ではありますが、中身を確認したところ商品には影響なさそうだったので一安心でした…。
気を取り直して「開封の儀」としましょう!

TEOGONIA(テオゴニア)とは…?
アウトドアブランド名(社名)のTEOGNIAとは…ギリシャ語で意味は神統記を指します
※あくまで筆者の憶測の域ですが、こちらから命名されたのではないでしょうか…。

テオゴニアを直訳すると…「神の系譜(けいふ)

ギリシアの詩人ヘシオドスの作品であり、原題の《テオゴニア》は「神々の誕生」を意味しています

2017年の設立と、まだ浅く誕生間もないアウトドア&モーターサイクル製品を扱うブランドですが…

今回の「 HEAT-ON バイク専用 シートヒーター」の様なクオリティーの高い製品がラインナップされていけば、信頼できる「ジャパンブランド」として成長していくのではないでしょうか!?

TEOGONIA(テオゴニア)の公式サイトはこちらになります👇

内容物はシート本体と付属品になります
本体は軽くて薄く(厚さは6mm)合皮の品質も良く、座面とベルクロの縫製もしっかりしています

《付属品は》
シート本体側から伸びているケーブルとバイク側(電源)に接続するケーブル
バイクから電源を供給する際に、配線に割り込ませるエレクトロタップとギボシのオスとメスです

仕様/スペック
電源オートバイ車載12Vバッテリー
素材合成皮革、PU、カーボンファイバー発熱体
サイズ330×300×350×6mm(座面寸法)
810×840mm(前後ベルト寸法)
温度設定Highモード/60℃±5℃

Midモード/53℃±5℃

Lowモード/45℃±5℃
(気温25℃の環境下)
消費電力(平均)5.3w±5%(High)

4.5w±5%(Mid)

3.3w±5%(Low)
付属品・ギボシ(二股メス端子×2、オス端子×4、スリーブ)
・エレクトロタップ×2
その他プレヒートモード
(急速加熱機能)搭載

[ads]

他に別途用意しておきたい物は…?

電源供給の配線は特に難しいことはありません

バッテリー直(俗に言うバッ直)で繋ぐのも可能ですが、その場合は間にヒューズやスイッチを別途追加しておいた方が無難でしょう
筆者は上記の画像のようなヒューズに最初から配線が割り込まれている商品(ホームセンター等で入手できます)を使ってヒューズボックスから電源供給しました

《ここで今一度再確認》
上記画像でお分かりのように、ヒューズには二種類あり(←厳密に言うと他にも
低背ヒューズありますが…)ご自分のバイクは平型とミニ平型のどちらなのか…?
を確認されるとよいかと思います

ヒューズボックスから電源供給する場合はキーONで電源が入るイグニッションからが良いでしょう

既にシガーソケットなどを繋ぐためにこちら(イグニッション)から電源供給されている方も多いかと思います
その場合はHEAT-ONに付属されているエレクトロタップを使って配線を割り込ませればよいです

HEAT-ON本体に縫い付けてあるベルクロの長さ

比較は筆者のシート(ハーレーFLHTC用のシート)です

今回はタンデマーへの配慮の為に、試験的に使ってみる予定なのでタンデムシートへ装着してみます
ハーレーツーリング用のシート(タンデムシートは更に…)は快適さ優先の為、画像のように肉厚でHEAT-ON本体に付いているベルクロでは到底長さが足りなく、シートを挟んで一周できません…。

※ちなみに…ベルクロとは…?別名でマジックテープの事です

ちょっとお見苦しい裏面で大変申し訳ございません…(苦笑)
ベルクロの長さが足りなくなるとは想定外だったので、あくまで(仮)として、以前に別の目的で100円均一で購入していたベルクロがありましたのでコレを延長として使ってみました

色の違いが目立ってしまいますので、後ほど「黒色」に変更予定です
肉厚なシートをお使いの方は「ベルクロの長さ不足」になる可能性があるかもしれませんので、その際は安価なベルクロで十分対応可能ですので、用意されておくとよろしいかと。

接続端子の形状が独特

取付完了の画像です

画像の左側がバイク側から配線してある接続端子(メス)
画像の右側がヒーターシート本体からの接続端子(オス)
となります

接続にはカプラー内から「3本のピン」が出ている、普段はあまり見かけないあまり馴染みのない形状をしています
接続解除で、抜く時は特に問題なくそのまま抜けばOKですが、接続する際は「3本のピンの向きを合わせる」必要があるので少しだけ注意が必要です
確実に刺されば、後は備え付けのスクリューを回して閉めれば完了です

取付完了後(試乗あり)レビュー

特に専門知識を持たない筆者でも、取付にかかった時間は約20分程度の作業でした
配線も特別難しいことはなく、個人の気にいった接続方法で配線すれば良いのかと思いますが、基本的な接続方法を記しておきます

+(赤線)側をヒューズボックス内のインジェクションヒューズに割り込ませて電源供給
-(黒線)側はボディアース

配線はこれだけです

後はベルクロでお好みの位置へ本体のHEAT-ONシートヒーターを設置すれば完成です

《モード設定は三段階》
画像はテオゴニアのHPからお借りしたものです
実物も画像と同じように点灯し、色の区別でモードの種類がわかります

《試乗レビュー》
キーONでエンジン始動、同時にHEAT-ONにも電源が入り、スイッチを長押しでスタート!
初期設定の赤いマークで点灯します

体感したタンデマーの感想
《2月の時期にしては暖かい気温で日中は約12℃前後で約160㎞程の走行インプレッションです》

・走り始めて約5分~10分くらいで発熱されているのを感じます

《温まると…初期設定のHighモードから自動でMidモードへと切り替わります》

・お尻が温められ眠気に誘われそうな気分になったそうです(笑)とにかく身体の中から温められる感覚だそうで、それが実に心地良いとのことです

・嬉しい悲鳴ですが、Highモードにすると熱すぎてお尻に汗をかくくらいと感じるらしいです 

予想以上のHEAT-ONシートヒーターの高性能ぶりに驚きでした!

厳寒期に使ってみると更に効果の違いが期待できるかと思います。
「もっと早く存在を知っていれば…」とも考えてしまったくらいです
バッテリーへの負担が更に増えてしまいますが、節電対策を見直して筆者用にも追加でもうひとつ購入してみようかと検討中です

後は…!?
気になるのは「耐久性」ですね
これに関してはこれから使用を続けていく事で、気がついた点があれば随時、追記していきます

シートヒーター選びの注意点とおすすめ

後付けでシートヒーターを取り付ける際には…!?

バイクシートの上に被せるように取り付けるタイプ

シートの表皮を一度剥がして内部に取り付けるタイプ二分され、どちらもメリット・デメリットが其々あります

《シート上に被せるタイプ》
✅利点
・主にベルクロを用いて設置するタイプが大半なので取付が簡単で、取り付け位置の変更も容易にできます。特別な知識や道具なども必要ありません

・配線をやり直す、または配線済みにしておけば、カプラーの脱着のみで簡単に他のバイクにも付け替えられる

✅難点
・気になる点をあげるとしたら…やはり「見た目」の問題でしょうか…。シートに座ってしまえば隠れて見えなくなる部分ですが、シルエットに拘るライダーには気になるかもです

・各製品の素材ごとに微妙に変わるかもしれませんが、汎用品として一般的にデザインされた物であり専用品ではない為、座り心地の「ズレや滑り」が生じて違和感を感じる方もいるかもしれません

《シート内に取り付けるタイプ》
✅利点
・シートの表皮とスポンジの間に入れてしまうので、被せるタイプと比べると「見栄え」が良くスッキリさが魅力です

・表皮のカバーを剥がして土台となっているスポンジ部分に装着なので、ズレる心配が少ない

・ヒーター本体が必要最低限のカバーのみで、略「むき出し」の状態なので、取り付けによる「シート高の変化(足つき性)」の影響は皆無です

✅難点
・一度、シートを張り替えるように剥がしますので、難易度は高くありませんがそれなりに知識やコツ、道具等が必要となります

・取り付けた自身のシート専用品となり、付け替えるには「シートの表皮を剥がす」労力がまた必要となります

・位置決めはしっかりと決めないと、乗車してからの違和感を覚えるかもしれません

・夏場等、ヒーターが必要ない時も、乗車して常に体重と言う負荷を加え続けるので耐久性も心配になります

・断線などで故障した場合は唯の異物となってしまう…等
[ads]

HEAT-ON/ヒートオン おすすめする理由
【カーボンファイバー発熱体】別名:炭素繊維発熱体を素材に使っている

安価な製品もありますが、やはり素材に普通の電熱線を使っている物が多く、最初は快適に機能していても暫く使用を続けると…断線や接触不良等で使用不可になる可能性が非常に高いです

アタリハズレが激しく運良く丈夫な良品に当たれば良いですが、ハズレも多いのも現実です。時の運的なギャンブルのようなものですね

仮にアタリを引いたとしても、元々の基本性能が悪く「全然温かくならない」では、どちらにしろお金の無駄になってしまいます

上記の理由もあり、今回筆者はこちらの「テオゴニア製のヒートオン」をチョイスしました


【遠赤外線効果も期待できます】

カーボンファイバーは炭素繊維を素材としている事で直接的に暖かいだけでなく、遠赤外線による暖かさが最大の魅力です

遠赤外線は体を芯から暖めてくれる事で血管を通る血液を暖める事から暖められた血液が体を循環し血行促進にも繋がる効果が期待出来ます

冷え性・腰痛予防にも効果的・近年増加傾向の女性ライダー等にもおすすめ

お尻は内臓を循環する血液量を増やす働きがある為、冷えを見逃してはならない部分なのです
毛細血管が多く集まっているので血管が細かい分、血行は悪くなりやすくバイク走行中はお尻に体重がかかる為、やむなくお尻は圧迫される状態が持続されます

圧迫されている状態が続くと余計に血行やリンパの流れが悪くなってしまうので、適度にストレッチ等、動作させるのが大切なのですが…。
手や足のように頻繁に動かす事もなく、そのまま放置のような身体の一部ですので、シートヒーター等を使ってお尻部分を温めるのは、

血行を促進し冷え性の予防にもなります
腰痛持ちのライダーにもお尻から温めることで、腰も次第に温められてライディングの姿勢を続けても楽になるかと思います
デリケートな女性の身体に「冷え」は大敵です。女性ライダーにはもはや必需品と言っても良い程なのでは…!?

《勿論、その他のライダー全てにもおすすめの理由はあります!》
「お尻が温かいと”ほっこり”安心感が体感できます!」
”じんわり”とくる温かさが体の中心部分から湧くように伝わってくるのは、なんとも言えず気持ちの良いものです

1年保証付き

保証がついているのはありがたく、万が一の不良品にも対応してもらえますし、安心して使えますね!

保証が付くと言うことは、裏を返せば「製品に自信あり!」ともとれます
商品のスペックに関しては(個人個人で感じ方は様々かと思いますが…)筆者は実証済みで満足レベルでした
「折角買ったのに全然温かくない」や「写真で見たよりも雑で粗悪品だった…」等の心配はない!と断言できます