道の駅 立ち寄りレビュー関東地方編 空に翔ける道もある!茨城空港のお隣【空のえき そ・ら・ら】

初の訪問となります。バイクツーリングの途中で寄らせていただきました

厳密に言うと今回は道の駅ではなく「空の駅」です

場所は茨城県の空の玄関口「茨城空港」が在る小美玉(おみたま)市になります

《小美玉市とは…?》
茨城県民を中心にご存じの方も多いかと思いますが
旧:川町
旧:野里町
旧:里村
の2町1村が合併して誕生しました。
お分かりのように其々の頭文字を合わせて小・美・玉・市となりました

市全体的に田畑が多く「のんびりとしていて、せかせかしていない」田舎独特のおおらかな印象の街です
のどかな田園風景が限りなく続き、都会暮らしの方には全てが新鮮に映るかもしれません
もしかしたら…予想もしなったフォトジェニックな景色に出会えるかもしれませんね

交通量も少なく、路面も整備された県道はちょっとしたワインディング感覚で、バイクで走るには快走できる道が多かったりします。
バイクツーリングの経由地として小美玉市周辺を走ってみるのも楽しめるのではないでしょうか!?

小美玉市の代表的なシンボル

航空自衛隊百里飛行場」と民間施設として「茨城空港」が併設されているのが有名です

今回は『空のえき』だけの訪問なのですが、駅内に航空自衛隊百里飛行場を飛び交う戦闘機の写真が展示されておりましたので、ご紹介しておきます
展示されていたのは施設内の「そ・ら・らホール」の中にあります

以前に訪れた千葉県成田市の東峰神社依頼、飛行機にとても興味がわいている筆者です

日を改めて「百里基地の飛行訓練の様子」なども是非見に来てみたいと考えております

※年間通して飛行訓練は実施されているようですが、原則として土曜日、日曜日、国民の祝祭日、GW、お盆休み期間…etc等は実施されていないみたいです

画像のように「飛行機ビューポイント」として飛行場周辺のスポットをおすすめして案内してくれています
飛行機好きには歓喜この上ないでしょう!
筆者も以前の成田空港での飛行機の離着陸の大迫力の記憶が蘇ります。

茨城空港は百里基地と共用しているので、民間航空機に加えて戦闘機の飛行も見る事ができます
音速の倍以上で飛び去る戦闘機を間近で見られる迫力にワクワク感がとまりませんね!
筆者も平日に時間を割いて、いつか必ず見に行ってみるつもりです[ads]

空のえき「そ・ら・ら」

「そ・ら・ら」の所在地は上記地図でご確認ください

《 空のえき そ・ら・らの駐車場から 》

上の画像の赤枠の部分が茨城空港の入口になります
筆者が訪れた当日(2020/2/23)は日曜日だったせいなのか…此処からは見えないだけなのか…当日は絶えず物凄い強風だったせいでコース変更になったのか…旅客機及び戦闘機の離着陸は此処からでは確認できませんでした…。

そらの駅 「そ・ら・ら」 概要
アクセス

【鉄道】
JR常磐線利用
上野駅▶水戸方面・石岡駅▶羽鳥駅から車で約30分・17㎞

【車・バイク】
常磐自動車道経由
千代田石岡IC 約30・17㎞
石岡小美玉スマートIC 約25分・14㎞

東関東自動車道経由
茨城空港北IC 約10分・8.5㎞

都道府県茨城県
〒 所在地〒311-3404 小美玉市山野1628-44
営業時間9:00~18:00
定休日年中無休
TEL0299-56-5677
駐車場乗用車:152台 
大型:8台 
身障者専用:4台 
臨時駐車場:251台 
バイク駐車場:なし
主要施設

・ウエルカムセンター TEL 0299-56-5677 
・乳製品加工施設&ヨーグルトハウス TEL 0299-56-6991
・直売所&物産館 TEL 0299-56-5200
・ビュッフェレストランそ・ら・ら TEL 0299-56-5656
・チャレンジショップ TEL 0299-56-5677

 

えき名の由来
空のえき「そ・ら・ら」の由来は、ピアノの「ソ・ラ・ラ」音を表していて心が弾むような楽しい印象を与え、小美玉市と茨城空港の大空を連想させています

飛行機が飛び交うように、人々の笑顔も飛び交う場所をイメージして名付けられたようです

志の素晴らしさに感動すら覚えますね!

訪問日(2/23)はステージイベントとして磯山純さんが出演

筆者が訪れた日は偶然にもステージイベントが開催されていました

イベント広場で大勢のお客さんに囲まれ熱唱していたのは、地元茨城県水戸市出身のシンガーソングライターの「磯山純」さんでした!

熱烈なファンの皆様には大変失礼ですが…磯山純さんの事を初めて知った筆者です
声だけ聞いていると「ミスチルのボーカリスト」とよく似ていて「時に熱く!」「時に優しく」語りかけるような伸びのある歌唱力は素晴らしい!!
どんなジャンルでも頑張っている人と言うのは人を動かし感動させる力をもっていますね。
努力と才能は必ず開花するでしょう!頑張ってください!

イチオシの「坂東太郎  ビュッフェレストランそ・ら・ら」

空のえき「そ・ら・ら」の施設内には直売所、物産館、軽食コーナー、休憩所等、様々なお店や施設が並んでいます
その中でも筆者が「絶賛するイチオシ」が「坂東太郎  ビュッフェレストランそ・ら・ら」です!

坂東太郎 ビュッフェレストラン そ・ら・ら

大人(中学生以上):1,750円
小学生:1,050円
幼児:550円
シルバー:1,300円
時間:90分

並んだ料理から自分の好きなものだけを取って食べる形式の「ビュッフェ」スタイルは久しぶりです

和風・洋風・中華と全て揃っていて地元の食材使用は勿論、オリジナリティー溢れる料理が綺麗に並んでいました
品数に関して欲を言えば、種類がもっと豊富にあれば更に楽しめるとは思いますが…。
実際、そんなに食べきれませんし必要十分です。並んだ料理全てを食すのでさえ、お腹いっぱいで不可能でしょう…

筆者もM子さんも頑張って、大皿プレートで2枚分、好みの料理を「これでもか!」と言うくらい食べてきました(笑)

レストランの個人的イチオシメニュー

個人的好みが優先してしまうのですが、かに玉は特におすすめです!

食べ方としては(行儀悪いのかもしれませんが…)「海老のからあげ」が単品で並んでいたので、かに玉と一緒に食してみたら…!?

コレがとにかく絶品美味!!そのまま食べても美味しいとは思いますが機会があれば是非お試しください

十六穀米は普通に食べたりしていますが、此方のレストランでは、体に優しい穀物を更に加えた「二十一穀米」も食べ放題です!
かに玉と一緒に食すともう…感無量です!まさに至福の瞬間です!

デザートはお汁粉が絶品!

デザート類では、定番のケーキは安定の美味しさですが、個人的イチオシは「お汁粉」です!

甘さは絶妙に甘すぎず、小豆がたんまりと入っていて食感は抜群です。
白玉も柔らかくてモッチモチがたまらなく美味い!
主食の大皿プレート2枚完食でお腹は完璧にソールドアウトでしたが、やはり「デザートは別腹」でした(笑)

乳製品加工施設で作られた小美玉市特製の「ヨーグルト」とセットで〆のデザートは完璧です!

ビュッフェスタイルだと、あれもこれも…と欲張ってしまう傾向になり、自分のキャパを越えて食べてしまいがちですが(笑)美味しい料理は食が進んでしまいますね♪
大満足の「ビュッフェレストランそ・ら・ら」でした

《ひとつだけ…!希望を言ってもよいなら……!?》

「料理にお寿司が並んでいたら最高でした…」
空港のお隣なので、外国人のお客さんも大勢訪れていることでしょう
近年では世界中でも、日本食の「SUSHI」として知名度も認知度も高いとは思うのですが…。
やはりまだ外国の人達にとっては「生の魚を食す」と言う行為には、いささか抵抗があるのでしょうか…?

それとも全く別の理由「コスト」面とかの問題とも考えられますが…真相は謎ですね…。

太平洋の海に近い小美玉市ですし、海産物も豊富なのでは…?と勝手な想像ですが…。
今後レパートリーにお寿司等が加われば、益々大勢のお客さんが老若男女問わず、楽しみに訪れるのではないでしょうか!?[ads]

気になるヨーグルトハウス

今回、食べ物関係はビュッフェレストランで全て満足してしまったので入店しませんでしたが、他にアイスクリーム店や、丼物などを販売しているお店も並んでいました
昭和初期から酪農が盛んな小美玉市の牛乳を使ったソフトクリーム…それを聞いただけでも美味しいのは間違いないかもですね!

こちらに関しては、また次回に訪れた時のお楽しみとしておきます

 総評 

地域再生を目指して茨城空港の目の前に誕生した、空のえき「そ・ら・ら」

寄らせていただいた率直な感想としては…!?
「また絶対に行きたい!」です
都会のような慌ただしさとは全く無縁で、のんびりとして自由な空間!
しかし、各種イベント等は頻繁に行われ、訪れるお客さんは退屈せずに楽しい時間を過ごせるでしょう!

お隣に「茨城空港」が在りますので、
空港を利用される方のひとときに!
空港を飛び交う民間機や戦闘機を見て楽しむ合間に!
ドライブやツーリングプランの目的地のひとつとして!

是非、一度は訪れてみる価値は絶対あります!機会があれば行ってみてください!きっと満足されることと思います(深礼)