多機能なTANAX MOTO Fizz(モトフィズ)デジバッグプラス(ホルスターバッグ)はライディング時の小物収納に便利!

モトフィズ製のホルスターバッグを導入しました

モトフィズ(MFK-206)デジバッグプラス(ホルスター)

初めに…「ホルスターバッグ?」「レッグバッグ?」「レッグポーチ」
どれも意味合いは同じです

こちらのモトフィズ製品は正式名称「ホルスターバッグ」ですが、一般的には「レッグバッグ」と呼ぶ製品が多いようですね。
ちなみに…単体でレッグバッグと呼ばれる物には、バイクのライディング時に装着するバッグとは全く別の意味の製品と間違わられたりします。
検索してもらうとわかりますが…ここでは敢えて割愛させてもらいます

それでは本題に入ります!

収納容量可変タイプの軽量かつ多機能なモデルです

✅ホルスター本体
✅脚に巻き付ける下部のベルト
✅各部の簡単な説明書
になります

【MOTOFizz=モトフィズ】とは…!?

【TANAX=タナックス】のブランド名なのはライダーならば皆さんご存じだと思います
ブランド名に拘らない方でも、タナックス製品はバイク乗りならば一度は使ったことがあるのではないでしょうか?
それ程、ライダーには浸透しているブランドでありバイク用品に関しては切っても切れない一流メーカーの製品ですので素材や縫製に関しては信頼に値するレベルです

各部の機能をチェックしてみます【素材】

ホルスターバッグ本体の素材は【1680Dナイロン】で、タンクバッグ等に使われているのと同じ素材です
専門用語でバリスティックナイロンとも呼ばれている生地です

この素材は強度があり丈夫なのと耐水性があるのが最大の利点です
筆者自身、同様素材のタナックスのタンクバッグ(他社製品も大体は同じような素材)を6年程度使用しています
経年の色褪せはありますが、大きな型崩れや綻び、亀裂やチャック類の破損等は未だなく、まだまだ現役で使えています
同様に考えるとこちらのホルスターバッグも長く活躍してくれそうです

それと上の画像にある丸い十字の部分はコードポートです
用途としては…例えば!?
ハンドルポストに固定したスマホをホルスターバッグ内にあるモバイルバッテリーとケーブルで充電したい
そんな時はホルスターバッグのチャックは脱落防止もあり全て閉めた状態にしても、その名の通りコードポートに穴(十字型の亀裂)が開いているのでケーブルを通せます

これがあると何気に便利なのです

各部の機能をチェックしてみます【回転バックル】

これも何気に便利な機能です

カラビナでパンツのベルトループに止めるホルダーも付いていますが、本体付属のベルトを使って腰に巻くスタイルで使用される方が多いと思います
すると、どうしてもベルトとホルスターバッグ本体が捻じれて軽い負荷がかかるのが実状です

取り外しも丸いバックル部分を軽く押すと脱着できて簡単です
構造的にも、丸い部分が斜めになっていて「ツメ」として引っかかるように作られていますので、余程の力で引っ張らない限り不意の脱落などはあり得ないでしょう

各部の機能をチェックしてみます【各ポケット内】

外側のポケットからみていきます

一目瞭然の親切設計です
青いフェルト生地になっていて「スマホは此処に入れてください」と言わんばかりです(笑)
確かにこれならばスマホの画面に優しく、擦れ傷から保護してくれそうです

両面フェルト生地になっています
ポケット内外面は全面フェルト生地ですが、内側はポケット内のアクセスを考慮してと思われ全体の半分位の高さになっています。
スマホを収納する時は画面を外側に向けて収納するのが良いでしょう!サイズ的にはスマホを入れても左右に余裕がありますから他にもちょっとした小物を収納できそうです

奥側(身体に近い方)の大型ポケットは財布とかを入れるのに適しています
財布(長財布、二つ折り共々)を入れてもまだまだ余裕ありますので、かなりの大容量と考えてもらってOKです

ちなみに筆者は此処に先頃購入したジンバル「DJI OSMO MOBILE3」を入れてみましたが見事にジャストサイズで収納できました。持ち運びをどうしようか迷っていたので嬉しい誤算でした

各部の機能をチェックしてみます【容量可変ファスナー】

身体側の一番手前には本体を一周する増量ファスナーが付いています

画像で見比べていただきたいのですが、ファスナーを開ける(画像右側)と約50mm程幅が広がり容量を更に増量できます※容量2.8⇨4.6ℓまで可変可能

ホルスターバッグの通常使いだと…財布、スマホ、喫煙者なら煙草とライター、ハンカチ、ライダーならば小銭入れ等、ではないでしょうか…。増量ファスナーを開けずともまだまだ余裕はありますが…。

増量ファスナーを開けばコンデジやミラーレス、500mlのペットボトルも余裕で入る程になります
通常使いではファスナーを開かなくても十分な容量をキープしてますが、急な荷物の増加時に役に立つ機能かと思います

各部の機能をチェックしてみます【エアメッシュとホールドベルト】

体に触れる部分(裏側)は通気性の良いメッシュに加工されています

外見からは隠れてしまい見落としがちなのですが、ライダー目線で実用性を重視すると大事なポイントとも言えます!特に夏場の熱い時期のライディング時には効果がはっきりとわかる部分です

画像にある「1」「2」「3」は安定性を高める為に、太腿部分に巻くホールドベルトの「通し穴」になります
三段階で調整可能ですので、ご自分の脚に取り付けてみて一番馴染む箇所を通すと良いでしょう

《そもそも、ホルスターバッグの装着頻度が多い時期は…?》

筆者を例にしますと、冬場よりも夏場の方が圧倒的に使用頻度が多いです
理由は…
長袖長ズボンはライダーにとって当然ですが、暑い時期は自然と軽装になりがちです。軽装になると体のラインもはっきりするようになり、ジャケットやパンツのポケットが異様に膨らんでいると見栄えがとても悪いです(笑)
ポケットなどの収納スペースが少なくなるのが主な理由と言えます
ジャケットは夏・冬変わらずポケットが沢山付いたデザインの物が多くありますが、下は「ジーンズ」を着用するライダーが多いのではないでしょうか?(オールシーズン、ジーンズな方も多々ですが…)

その不足を補うアイテムとして、小物類を一つに纏めて身に着けるのに「ホルスターバッグ」は最も最適なアイテムだと自負しております

この画像は「ホールドベルト」になります

何気ない部分ですが、赤丸で囲んだ部分は伸縮性のあるゴムになっています
ある程度まで脚にベルトを巻き付けたら締め付け具合の加減はゴムで調整できる
細かい部分ですが、細部にまで配慮され作り込まれている証ですね
このあたりはさすがと頷けます!

各部の機能をチェックしてみます【その他】

左右共通設計なのがGood!

個人差の問題ですが「ホルスターバッグをつけるのは右脚?または左脚のどちらですか?」
ネットで他製品を調べてみると「右脚」に装着するのが一般的となっているような気がします…(違っていたら申し訳ないです…)

《何処がどう違うのか…?》
右脚に取り付けるのを前提に作られた製品はデザインも当然左右非対称になっています
ファスナーも右手で扱うのに自然な開閉動作になるよう開ける位置と閉める位置が決まっていたり、ポケット位置や角度が微妙に中心から意図的にズレていたりします
※こちらのモトフィズ デジバッグプラスは左右シンメトリーフォルムで左右共通です

筆者はずっと以前から自然と「左脚」に装着が当たり前のようになっているので、そのあたりもこのホルスターバッグに決めた要因のひとつです

✅最初に驚いたのは…「軽量」でした

とにかく軽くて縫製等の作り込みがしっかりしているのが第一印象でした。
お試しで手元にあったジンバル(405g)と比べてみましたが、デジバッグプラスの方が明らかに軽いです
※公式では重量340g

 まとめ 

多機能で扱いやすく「ライダー目線で作られているな…」と感じる実用性を重視した優れたホルスターバッグだと現物を見て実感しました

ひとつだけ不満…いや、使用上で注意するべきところは…!?

やはり「雨対策」かと思います
この価格帯で「完全防水」となると「ズバ抜けて最強品」ではありますが、コストの限界を超えてしまうのでしょう…。実装されている素材や機能だけでもコスパは最強!と感じますから。

雨天時の扱いはタンクバッグ等と同等に考えてよいかと思います
一気に中まで浸水してくることはないと思いますが、徐々に染み込んでくる感じと考えておくと適当だと思います

雨中の走行時は雨具を着てしまえばそのままでも大丈夫と思いますし、心配ならば外して仕舞ってしまうのも対策のひとつです
100均などで売っている防水グッズを工夫してカバーを自作してしまう!…などの方法もありですね

余談となりますが…このホルスターバッグは筆者が今まで使っていた物です

ベルトのバックル部分は固定なので、気にするほどではないのですが”ぎこちなさ”を若干感じるところがありました
些細な事なのですが一応、ご参考までに…。

このホルスターバッグも気に入って使っていたのですが…。
画像の赤丸部分、マグネットで一番外側のフラップの開閉を止めるようになっているのですが、長年の使用で「メス側のマグネット」がいつの間にか外れて紛失してしまいまして…(笑)

メインの大型ポケットはファスナーでしっかり開閉可能で機能しているのですが、フラップ部分が風になびいたままなので使用を中止にした限りです。
他は特に不具合はなく、イイ感じでヤレ感も出てきたのでマグネットだけリペアしてまた使いたいとは考えているのですが…

唯…今回購入した「モトフィズのデジバッグプラス」はお世辞抜きでかなり良いですね!
筆者のバイクのジャンル的には、今まで使っていたホルスターバッグの方が似合うような気がしますが…
デジバッグプラスの機能性重視にすっかり惹かれてしまいました(笑)

「格好よりも機能性重視」などと、よく言いますが…!?
格好良くて機能も充実しているのですから、ケチのつけどころがありません(笑)
暫くの間はこちらのモトフィズのデジバッグプラス ホルスターバッグの独壇場になりそうな気分です。良い買い物させて頂きました(深礼)