使用頻度は少なくとも有ると便利な電動エアコンプレッサー(空気入れ)備えておくと時間の効率化になります【Tooge 電動エアコンプレッサー】

タイヤの空気圧を点検する時は…!?

ガソリンスタンドに備え付けのエアーコンプレッサーで点検する方が多いのでは?と思います
実際、自分もそうでした

車ならばガソリンスタンドで洗車して、拭き上げ時に序にタイヤの空気圧をチェックするパターンが王道です

個人的に洗車をしようとする時は、それなりに時間的にも余裕がある時でしょうから
ガソリンスタンドに備え付けのエアーコンプレッサーでタイヤの空気圧を補えば十分事足りるのが現実です

でも…もしこの空気圧をチェックする作業が、思い立った時や自宅等で出来れば…!?
とても便利だと思いませんか?

Tooge 電動エアーコンプレッサーを使ってみました

以前からタイヤの空気圧をチェックするのに
「電動コンプレッサー欲しいな…」と
Amazonで物色していたところ、クーポン適用(表示価格より2000円OFF)になっていたので即買いしてみました

同梱品は
・エアーコンプレッサー本体
・変換バルブ(浮き輪・風船・ボール・自転車など四種類)
・USB充電ケーブル
・シガーソケット電源コード(3m)
・収納袋
・取扱説明書

単に電動コンプレッサーを選ぶと言っても大きさや形状も様々で、種類も豊富にあるので
「どれを選んだら良いのか悩む…」方は多いことでしょう(自分もそうでした)

・持ち運びに優れたコンパクト設計を優先
・自宅のみで使用を目的とするので大きさにはこだわらない
・住宅街なので小型の電動コンプレッサーは発する騒音の大きさが気になる
・近所は離れているので多少音が大きくても大丈夫
・コードレスか有線か?
・充電方法は家庭用電源からUSBか、車のシガーソケットからなのか?
・付属品として変換ノズル等は付いているのか?
・初めてでも使いやすい簡単な操作性を求める
・設定圧での自動停止や安全面も考慮したい
・未知の部分だが耐久性も気になる
・万が一不良品や初期不良などの場合、対応可なのも重要

電動コンプレッサーの購入を考えている方は、例として上記した考えに当てはまる部分があるかと思います
今回は自分が購入した「Tooge 電動エアコンプレッサー」を数回使用したレビューをしてみます

使用目的はバイクの空気圧を測定するのが大前提

車よりもバイクの空気圧は頻繁に測定する必要があります
四輪よりも二輪車は空気圧の微妙な高低差による操作性や乗り味の変化が体感でわかります

シビアなライディングを望むライダーによっては走行ルートや状況に合わせて都度、空気圧の設定を変える乗り方をするライダーも居るそうです

これは自分の過去の経験ですが
空気圧を定期的にチェックせずに低い空気圧のまま乗り続けた結果、
タイヤの溝が偏摩耗し寿命は短くなり、乗り心地や振動が悪化してしまい
タイヤ本来の性能を引き出せずに
最後まで綺麗に使いきれなかった経験があります

車、バイクとも適正な空気圧を維持することは、タイヤへの負担を極力減らし
寿命、
偏摩耗、
操縦性、
乗り心地、
燃費の低下、
タイヤの破損
空気圧を適正に保つことで、未然に防げることやタイヤ本来のポテンシャルを引き出し持続させることが可能になります

実際に空気を補充してみます

それでは実際にバイクのタイヤの空気圧チェックと補充をしてみます

車と違い、バイクのエア注入バルブはホイールの中心に向いて付いているのが一般です
フロントタイヤ側はともかく、リアタイヤ側はマフラーやサイドバッグ等でバルブへのアクセスが困難な状況下な車両も多いです
※筆者のバイクもサイドケースが常時付いてますので結構苦労します

エアーコンプレッサー本体の他に有ると便利なアイテム

エアコンプレッサー本体にも当然、液晶画面で空気圧の数値が表示されます

しかし、多少の誤差や粗悪品や液晶画面不良品等に当たってしまうと正確な数値が表示されずに、低すぎたり高すぎたりで正確な空気圧が入っているのか不安になります
※今回、筆者が購入したToogeのエアコンプレッサーは正確な数値で表示されていますので安心してください

確実な空気圧を調べたい方は上の画像のようなエアゲージを別途用意して測定されると良いです
減圧調整スイッチが付いていますので、入れすぎた場合はバルブに差したまま調整が可能です

他に、バイク限定になるかと思いますが
90℃のエクステンションエアーバルブ」も、ひとつ持っていると便利なアイテムです

ある意味、バイクの空気注入には必需品とも言えるアイテムなので、
電動エアーコンプレッサー使用でも、
ガソリンスタンドで注入するとしても、
常にバイクの小物入れに入れておくのを習慣づけておくといざと言う時に役に立つ時がくるかもしれません
※そんな時がこないのが一番なのですが…最悪の事態を未然に防ぐのも対策のひとつです

 まとめ 

電動エアーコンプレッサーは形状も値段も様々でどれを選んで良いのか悩むのが現実です
エアーツールを使用するのも視野に入れると、持ち運びは不可になりますが小型のエアタンクを装備した本格的な商品も選択肢になります

ですが、使用目的が「タイヤの空気圧チェック」のみで、他にはちょっとした遊具等の空気入れに使うかも…程度であれば、電動のエアーコンプレッサーで十分事足ります

バイクで常時持ち運ぶには邪魔になると思いますが、車ならばトランクルームに入れておけば、いつでもどこでもシガーソケットからの電源供給も出来ますので、常備しておいて損はないアイテムです

一番気になるところは…!?
耐久性だと思います

使い始めは…液晶画面も数値も正常で、内部モーターも正常に稼働していたとしても
数回の使用で「液晶が何も映らなくなった…」とか「動いてはいるけど、最初の頃よりモーターの作動音が大きくなった…」とか「内部バッテリーが直ぐ無くなる」等の不具合が出たりするのも稀にあります

頻繁に使用するような物ではないので、耐久性と言っても使用年月よりも使用回数の方が重要になります
筆者の購入した電動エアーコンプレッサーを例に
使用回数はまだ浅く、5~6回程度(一回の目安は車のタイヤ4本から8本補充)ですが、一回の使用途中でバッテリー切れや不具合等は一切なく
安価な商品でしたので多少不安なところもあったのですが、十分満足しております

【メリットとしては】
ツーリング時の余計な時間の消費がなくなったのが一番です
ガソリンスタンドで空気圧をチェックするのは給油で立ち寄った場合がほとんどですよね
ですが、これからツーリング!って時に
・計測しやすいように、バイクを押してバルブ位置を最適箇所までセット!
・計測しづらいのでバルブにエクステンションバルブをセット!

これってツーリングの時間が勿体ないのと労力の消費だとは思いませんか?

ソロで時間の縛りもなく自由気ままに楽々コースならば、それもある意味ツーリングの楽しみのひとつになるかもしれませんが、仲間達と一緒のツーリング等にひとりでのんびり空気圧チェック!とはいきませんよね?
ツーリングの時間も勿体ないですし、何より完了するまで待っている仲間達にも迷惑がかかってしまいます

持ち運ばなくても、自宅に電動エアーコンプレッサーがあれば、前日やツーリング直前でも自宅で計測しておけるので、誰にも迷惑をかけたりもせずに、ツーリングに集中して楽しめるのではないでしょうか!?

中華製品に不安がある方も多いと思います
筆者が数回程度ですが使用した感じでは、全て正常に作動しておりますので「安かろう悪かろう」の心配は要らない商品かと思います。

本体も予想に反してコンパクトなのは驚きでした
使用目的は自宅での空気注入であり、持ち運びは考えていなかったのですがこのサイズ感ならば車ならば常備しておいても問題ないですね

低騒音な作動音
電動の小型モーター独特の耳障りな音を覚悟していたのですが、予想外に低騒音です(70dB)
さすがに、深夜の寝静まった環境下では迷惑になりますが、日中の使用ならば住宅密集地でも問題ないレベルです

あれば、自分のバイクは勿論、家族の車のタイヤの空気圧チェックにも使えて感謝されるのでは?
メンテナンス工具のひとつとしてご検討されては如何でしょうか!?
※Amazonで購入を考えている方は「2000円OFFのクーポン券」が適用されている時がおすすめです